プロフィール

tamutomo

Author:tamutomo
娘(2007年生まれ)・息子(2010年生まれ)の2児の母です。息子は太ももに絞扼輪(くびれ)、膝関節以下形成不全で生まれました。8ヵ月の時に絞扼輪(前半分)の形成手術、11ヵ月の時に絞扼輪(後半分)の形成手術・膝関節離断手術を受け、大腿義足ユーザーになりました。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

義足が本当の足のとき、おもちゃのとき

2歳頃~だったと思いますが、健足側の足の爪を切っていると「こっちも」と義足側を指し出すようになりました。「こっち先」と義足側を先に出す事も。義足には爪ないんですけどね。今のところ、爪切ったふりで満足しています。義足をつけている時は、それが本当の足と思っているみたいですね。

ライナーが冷たいのか、義足をつけるのを嫌がっている時には「足つけないと公園行けないよ。」と言うと「あ、そうだった(←おねえちゃんの口癖)」と言ってすんなりゴロリンと横になったりします。義足をつけないと外で遊べないことも分かったみたいですね。

でも、義足をはずすと、おもちゃに早変わり。「これな~んだ。足でした~。」とミニバイクの上に義足を乗せていたり、ソケットの中におもちゃを入れてコロコロ混ぜていたり、「ジコチュ~(ドキドキプリキュアというアニメに出てくる怪獣の口癖)」と言いながら義足を怪獣に見立てて車のおもちゃで攻撃していたり。男の子だからか何でも擬人化しちゃうのがおもしろいです。右手に持っている電車が「貸ーして」、左手に持っている車が「だーめよ」、すると右手の電車が「えーん、えーーん」みたいな遊びをしていたり、お姉ちゃんのりかちゃんハウスに電車を「ただいま~」とズカズカ入り込ませたりします。それでお姉ちゃんは「電車は違うでしょ!!」と怒るんですけどね。

これなーんだ(2歳2ヵ月) 義足遊び1(2歳3ヵ月) 義足遊び2(2歳3ヵ月)

こんな風に、義足を付けている時はそれは「本当の足」で、付けていない時は「物」だと思っているみたいですね。おもしろいです。

前のページ «  ホーム  »  次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。