プロフィール

tamutomo

Author:tamutomo
娘(2007年生まれ)・息子(2010年生まれ)の2児の母です。息子は太ももに絞扼輪(くびれ)、膝関節以下形成不全で生まれました。8ヵ月の時に絞扼輪(前半分)の形成手術、11ヵ月の時に絞扼輪(後半分)の形成手術・膝関節離断手術を受け、大腿義足ユーザーになりました。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「自分で、自分で」の時期(1歳10ヵ月~)

1歳10ヵ月頃から「ジーブンデ(自分で)、ジーブンデ(自分で)」とよく言うようになりました。最近は、身支度の中で一番難易度の高い義足を付ける作業まで「自分で」と言い出してきかず、少しでも手助けしようと手を出すと「ヤメテ~!」「ダメ~!」と言って、また最初からやり直そうとします。でも、2歳前の幼児が義足を自分で付けるのは絶対に無理。時間に余裕があれば、気の済むまでやらせてあげられるのですが(気が済んだ頃にはライナーのシリコン面に毛くずやら埃やら髪の毛が付いて洗い流さなければいけない羽目になりますが)、朝お姉ちゃんを幼稚園に送り出さなければいけない時は、息子を大の字に仰向けにさせて、私が足で息子の腕を床に押さえ付けて、息子がもがいて逃げ出そうとする中、無理やり義足を取り付けています。義足を付け終わっても、仰向けのまま息子は大泣きで、付けた義足をわざと床にかかと落としして、ものすごい衝撃音を出して怒りを顕にしています。ライナーの外側の生地が剥がれて義足との接着強度が弱くなっていた頃には、怒りのあまり、自分で義足をスポッと取ってしまっていました。幼児の力で義足が脱げる程度の接着力では危険だし、急いでいる時に勝手に脱がれては困るので、即ライナーを交換しました。ライナー交換後は義足を勝手に脱いでいることは無くなりました。(ライナー交換の記事はこちらをクリック)

「自分で」と言い出すことも成長の証なので喜ばしいことですが、急いでいる時には困ったものです。でも、生活リズムが上の子に左右されてしまうのは下の子の宿命なので、仕方ないですね。

「自分で自分で」の時期、お姉ちゃんもありましたが、当事、私は気長に待ってあげられず、つい手伝ってしまって、幼稚園入ってから「上履きが自分で履けない」「お着替えが自分でできない」と苦労させてしまったので、息子には私が手を出しすぎないように気をつけたい所なのですが、義足取り付け(特にライナーの取り付け)は、なかなか難しいかなと思います。洋服を着たり靴下・靴を履いたりすることと違って、義足はちょっとグチャグチャになっちゃった、なんかねじれてる、左右・前後・裏表が逆になっちゃった、けど「ま、いっか」等と適当にできない所が幼児には難しい作業です。慣れた私でさえ、慎重に付けたつもりが、歩かせてみると「あら今日はなんだか内股!?」ということがあります。息子の絞扼輪のギザギザの縫い跡を目印にライナー側面の縫い目を合わせるようにしてからは、大分ミスは少なくなりましたが。義足の取り付け以外でも、息子は膝が曲がらない義足なので、それにズボンを履かせたり、靴下・靴を履かせるのも普通より難易度が高いかなと思います。できなくて「やる気」を無くしてしまわないように、適度に練習させてあげられたら良いなと思います。

その他に気になるのは、息子が床に義足をかかと落としする衝撃で義足が破損してしまわなかという事と、うちはマンションなので(今は幸い真下は空き家ですが)、騒音問題です。かかと落としの音は、階下に響いていることは間違いないと思いますが、歩くだけで、ゴツン・ゴツンと物を落としたような音を義足が出すので、その音がどの程度、階下に伝わるのか気になります。

前のページ «  ホーム  »  次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。