プロフィール

tamutomo

Author:tamutomo
娘(2007年生まれ)・息子(2010年生まれ)の2児の母です。息子は太ももに絞扼輪(くびれ)、膝関節以下形成不全で生まれました。8ヵ月の時に絞扼輪(前半分)の形成手術、11ヵ月の時に絞扼輪(後半分)の形成手術・膝関節離断手術を受け、大腿義足ユーザーになりました。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「足(義足)邪魔!」と言う(1歳10ヵ月のとき)

起きている時間の殆どを義足で生活するようになってから、義足に対してマイナスな反応を示さなかった息子ですが、最近「アシ(義足)じゃま~(邪魔)!!」と言う出来事がありました。1歳10ヵ月のときです。それは自宅で収納ボックスの中に入って遊んでいた時です。今までも同じ様な遊びをしていたのですが、義足(2足目)を長くしてからは初めてで、今までギリギリ納まっていた義足の足がどうやっても入らない長さになってしまったのです(膝が曲がらない義足なので)。それで義足が入らないとグズグズ言い出しました。

まだ小さいので、「入らないねぇ。じゃ、こうする?」とか提案したり、別のおもちゃを渡したりして、簡単に機嫌は治ったのですが、きっとこれからも、曲がらない義足が思うようにいかなくて本人が葛藤することがあるんだろうな・・と思いました。曲がらない義足でも出来るように動きを工夫したり、物理的に出来ない事は諦めて他の遊びを探したり、前向きに考えて欲しいなと思います。

それにしても、小学校入るまで膝が曲がらないのは、ちょっと不便です。自転車の前乗せ籠にも入らなくなるだろうし、ベビーカーも足が伸びたままでは周りに迷惑だし。以前、義肢装具士さんから聞いた話では、膝を曲げる機能を手動でロックしたり解除したりできる膝継手があるとの事で、普段は膝をロックして曲げない、座ったりする時にロックを解除して膝を曲げるという事が出来るそうです。膝が伸びたままでは、どうにも邪魔な時期になったら、息子もその手動ロックの膝継手を使うようになるのかなと思うのですが、ロックを解除したまま再びロックするのを忘れて歩かせてしまいそうで怖いので、もう少し早い段階で普通の膝継手を付けられないか今度相談してみようと思います。

前のページ «  ホーム  »  次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。