プロフィール

tamutomo

Author:tamutomo
娘(2007年生まれ)・息子(2010年生まれ)の2児の母です。息子は太ももに絞扼輪(くびれ)、膝関節以下形成不全で生まれました。8ヵ月の時に絞扼輪(前半分)の形成手術、11ヵ月の時に絞扼輪(後半分)の形成手術・膝関節離断手術を受け、大腿義足ユーザーになりました。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

義足の不具合を自分から言えるようになる(3歳4ヵ月~)

4足目義足完成の記事で書き忘れましたが、今まで断端が痒いと言う事はあっても、ソケットの適合に関しては、仮合わせの時も、最終調整の時も、痛みや違和感を自分から言うことが無かったので、主治医からたま~に調整が入る位で順調に納品まで漕ぎ着けていたのですが、今回初めて、自分から違和感を申し出てきました。3歳4ヵ月のときです。納品後、日常生活で1回使ってみてからですけどね。。欲を言えば、最終調整の時に気付いて言ってくれればという所ですが、まぁ後からでも自分で不具合に気付いて言ってくれるようになっただけでもすごい進歩です。

今回息子が申告してきた不具合は、内ソケットの前側の内側部分が一部ライナーからはみ出ていて、直に肌に当たっていた事。義足が納品された日に早速新しい義足で外に遊びに出たら、素人の私が見ても変な歩き方をしていて(義足を前に出さずに、ギャロップみたいな、義足を引きずるみたいな歩き方)、「普通に歩いていいよ~」と声を掛けると、「ここがぶつかるの~」と言ってきました。遊びたい一身で我慢していたみたいですが、歩き方でバレバレ。とりあえず無理やり家に引き返し、元の義足に履き替えてまた外に出ました^^;

後日、義肢製作所にて内ソケットのはみ出ている部分を削って頂いて、不具合は無くなりました。

その後も、プールで義足が脱げそうになった時に、「足が入らない、取れそう」と言ってくれるようになったり、何だか義足に関しては頼もしくなりました。プールの事はまた別の機会に。



前のページ «  ホーム  »  次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。