プロフィール

tamutomo

Author:tamutomo
娘(2007年生まれ)・息子(2010年生まれ)の2児の母です。息子は太ももに絞扼輪(くびれ)、膝関節以下形成不全で生まれました。8ヵ月の時に絞扼輪(前半分)の形成手術、11ヵ月の時に絞扼輪(後半分)の形成手術・膝関節離断手術を受け、大腿義足ユーザーになりました。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「足硬いから石みたいって言われちゃうよ?」と言う(3歳)

3歳のお誕生日を迎えて数日経った日の事。幼稚園ももう冬休みに入っていたので朝起きてすぐには義足をつけずに過ごして、そろそろ付けてあげようかなと「足つけよっか」と声をかけると、「足硬いから石みたいって言われちゃうよ?」と言ってきました。

多分お友達が何気なく「石みたいだね」って言ったんだと思いますが、息子は意外とそいういう発言を覚えているタイプのようで。。これから先、もっともっと色んな事を言われると思いますが、そんな事いちいち気にしていたらキリがないので、「硬くたっていいじゃない!この足がないとジャンプだってできないよ。トランポリンもできないよ。これが○○君(息子)の足なんだから、これでいいんだよ。」と言うと「うん」と言ってすんなり義足をつけてくれました。

大きくなるにつれて、主に小学校時代かなと思うのですが、同級生、上級生、下級生、そして見ず知らずの通りすがりの子供達からも、いろんな事を言われる事があるのかなと思いますが、一つ一つ乗り越えていくしかないですね。今はまだ私に話してくれるから良いですが、思春期になって一人抱え込む時期もあるのかしらと思うと、同じような境遇の方々や信頼できるお友達の存在が救いになるのかなと思います。素敵な出会いがあると良いです。

前のページ «  ホーム  »  次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。