プロフィール

tamutomo

Author:tamutomo
娘(2007年生まれ)・息子(2010年生まれ)の2児の母です。息子は太ももに絞扼輪(くびれ)、膝関節以下形成不全で生まれました。8ヵ月の時に絞扼輪(前半分)の形成手術、11ヵ月の時に絞扼輪(後半分)の形成手術・膝関節離断手術を受け、大腿義足ユーザーになりました。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「これは工場で作った足なんだよ」と言う(2歳5ヵ月~)

今まで義足のことを「うその足」と呼んでいたのですが、そろそろちゃんと教えようと思い、少し長いですが「工場で作った足」と呼ぶことにしました。

そうしたら息子もそう呼ぶようになり、靴下が脱げない時に「これ工場で作った足だから靴下できないのー!!」と言い訳したり、先天性四肢障害父母の会の行事に参加した後には、「これはねー工場で作った足なんだよ。」と勝手に主人に説明しだしたりしました。

父母の会の行事では、息子は殆どの時間昼寝していたのに、意外と大人の話を聞いていてびっくりしました。多分、自分の足の話をしていることが分かったんでしょうね。それで突然「これは工場て作った足で」と主人に説明しだしたんだと思います。

自分の足の事で大人たちが真剣に話し合っているのって、本人としてはどんな気持ちなんだろうな。自分が話題の主役になれて嬉しく感じるか、それとも足の事ばっかり取り上げられて、まるで足を問題視しているように感じるか。今は多分、「足の話してるなぁ~」くらいな感覚だと思いますが、もう少し大きくなったら、本人の反応を見ながら、もしかしたら本人が居る前では足の話をしない方が良い時期がくるのかもしれないなぁと思いました。

前のページ «  ホーム  »  次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。