プロフィール

tamutomo

Author:tamutomo
娘(2007年生まれ)・息子(2010年生まれ)の2児の母です。息子は太ももに絞扼輪(くびれ)、膝関節以下形成不全で生まれました。8ヵ月の時に絞扼輪(前半分)の形成手術、11ヵ月の時に絞扼輪(後半分)の形成手術・膝関節離断手術を受け、大腿義足ユーザーになりました。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライナーの温め方

10月後半か11月頃から「冷たい、冷たい」と言って、ライナーを付けるのを嫌がる事が多くなりました。そこで我が家で試したライナーの温め方を何通りかご紹介します。

1.ライナーを膝の裏に挟む
ライナーを拭いたりする必要もなく、そんなに時間もかからずにライナーを温める方法(といってもぬくぬくではなく冷たくない程度にしかなりませんが)。まずズボンを極限までまくり上げて自分の生足を出し、息子を着替えさせている間、装着面(樹脂面)を表にしたライナーを自分の膝の裏に挟む。途中で左右の足を交代して挟む。ママはヒヤ~っと冷たいですが我慢。ライナーはポカポカにはなりませんが、冷たくはなくなるようで、これをすると息子も付けてくれます。けど、自分が身動きできないのが難点。今は息子を着替えさすという時間を利用してできますが、一人で着替えられるようになったら、膝の裏に挟んでボケーっと待っているのは時間がもったいないですね。しかも膝裏から取り出してからすぐに付けないとライナーがまたすぐ冷えちゃうし。この方法ができるのは今のうちかなと思います。

2.蒸気が出る吸入器に被せる
鼻スチーム 鼻スチームとライナー
これは我が家にもともとあったスチーム式の吸入器(オムロン製)。お姉ちゃん妊娠中に私が蓄膿症になりかけたので少しでも鼻の調子が良くなればと思い購入しました。お姉ちゃんも幼稚園に通い始めてから冬場の鼻の調子が悪い時に朝吸入させています。これをやっていると何となく風邪をひき難いような!?(気のせいかも・・)必要箇所に水を入れてスイッチを入れるだけでものの数分で温かい蒸気が出るので、蒸気の吹き出し口にライナーを被せてみました。すると数十秒でライナーがホカホカ。雫もびっちょりで拭く必要がありますが、朝の忙しい時に最短時間でライナーが温まるので、我が家ではこの方法をよく使っています。ただ、蒸気がこもって吸入器が故障しないように、そしてライナーが熱くなりすぎて劣化しないように、長時間被せて放置しないよう気を付けています。

3.ライナーにお湯を注いで置いておく
コップとライナー
この方法は我が家には向いていませんでした。というのも、お湯が入っている部分は温まるのですが、斜めにカッティングされている履き込み口の一部がお湯に浸らないので冷たいままで、息子がその部分を「冷たい」と言って嫌がります。あと放置しすぎてしまうとお湯が冷たくなって注ぎ直さなければいけなくなったり、ライナーの布地の部分を濡らしてしまう可能性もあり、この方法はボツとしました。

4.床暖房の上に放置しておく
床暖房とライナー
装着面(樹脂面)を表にしてビニール袋に入れて、床暖房に放置してみました。水に塗れて拭いたりする手間がなくて良いかなと思ったのですが、温まるまでに数十分かかります。我が家の床暖房の温度設定が低いせいか、接している面しか温まらず、途中でひっくり返す必要もあったので、我が家の忙しい朝には向かないかなと思いました。





前のページ «  ホーム  »  次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。