プロフィール

tamutomo

Author:tamutomo
娘(2007年生まれ)・息子(2010年生まれ)の2児の母です。息子は太ももに絞扼輪(くびれ)、膝関節以下形成不全で生まれました。8ヵ月の時に絞扼輪(前半分)の形成手術、11ヵ月の時に絞扼輪(後半分)の形成手術・膝関節離断手術を受け、大腿義足ユーザーになりました。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

走る(1歳8ヵ月のとき)

お姉ちゃんの運動会の「かけっこ」の練習をしていたら、息子も真似してトラックを走り出しました。途中でコースアウトしましたが。。全然遅いですが、気持ちは走っている!膝継ぎ手のある義足で無理して走ると膝パーツが故障すると聞いたことがありますが、その点、息子の義足は膝継ぎ手がなく、ただの棒を付けているようなものなので、壊れる心配がなくて無茶しても安心です。

膝継ぎ手ありと無し、どっちが早く走れるのでしょう!?よく陸上選手が使っている足先がバネになった義足は、バネの反発力に耐えられる筋力がつく高校生位にならないと使いこなせないと聞いたことがあるので、それまでは日常生活用の義足で運動会も参加することになると思うのですが、膝継ぎ手が壊れてしまわないか心配です。走っている途中で壊れたら怪我するだろうし、運動会前日に壊れて急いで義肢装具士さんに直してもらったという話も聞いたことがあるので、膝を気にして全力を出せないよりは、膝継ぎ手をロックするか膝継ぎ手の無い義足で走って、たとえビリでも、本人が納得する走りができればいいなと思います。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamutomogisoarti.blog.fc2.com/tb.php/87-ce4df1f5

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。