プロフィール

tamutomo

Author:tamutomo
娘(2007年生まれ)・息子(2010年生まれ)の2児の母です。息子は太ももに絞扼輪(くびれ)、膝関節以下形成不全で生まれました。8ヵ月の時に絞扼輪(前半分)の形成手術、11ヵ月の時に絞扼輪(後半分)の形成手術・膝関節離断手術を受け、大腿義足ユーザーになりました。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滑り台(1歳3ヵ月~)

滑り台は、一人歩きする前から、確か手を繋いで歩けるようになった1歳3ヵ月頃からできるようになりました。まだ歩けなかった頃は、滑り台の頂上にたどり着いても立ち上がらず、うつ伏せのまま頭から滑り降りるといった感じでした。一人で息子の面倒を見ている時に、最初は階段側でサポートして、滑り終わる時に勢いで顔面を地面に強打しないように急いで着地点のサポートに移動するのが大変だったので、歩けるようになってから、座って滑ることを教えました。

下の動画でもそうですが、滑り台の階段を上る時、最初は義足側を軸に健足側を上の段に乗せて上がっていたのに、最後の段だけ健足側を軸にしたがる時が結構あります。階段の幅的に膝が曲がらない義足を上の段に乗せるのは無理があるし、バランスを崩しそうで危ないので、「足反対よ!」と声をかけていつも直させています。多分、最後の段あたりで手すりが無くなるので、義足側に重心をかけるのが不安で健足側を軸足にしたがるのではないかと思います。

上が1歳4ヵ月のとき(一人歩き前)、下が1歳11ヵ月のときの動画です。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamutomogisoarti.blog.fc2.com/tb.php/83-bb5902d3

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。