プロフィール

tamutomo

Author:tamutomo
娘(2007年生まれ)・息子(2010年生まれ)の2児の母です。息子は太ももに絞扼輪(くびれ)、膝関節以下形成不全で生まれました。8ヵ月の時に絞扼輪(前半分)の形成手術、11ヵ月の時に絞扼輪(後半分)の形成手術・膝関節離断手術を受け、大腿義足ユーザーになりました。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

周りの子供達の反応

息子1歳~2歳のときに出会った子供達の反応です。息子の足が「変」とか「怖い」とか嫌悪感を示す子は一人もいませんでした。反応はそれぞれの子供によって異なるものだと思いますが、学齢毎に何となく共通する様子をまとめてみました。周りの反応から推測すると、恐らく息子も小学校頃から、自分の足は皆と違うことを意識し始めたり、お友達から指摘されたりするのかなと思いました。

幼稚園生以下:
息子に興味がない為、義足だと気付かない。おしめを替える時などに義足を取って初めて気付くが、「足がない」とありのままの状況を言うだけ。「おばちゃんのお腹にいた時に、怪我して足が切れちゃった」と説明しても、「ふぅ~ん」とあまり興味がない様子。なんでとか、どうしてとか何の質問もなく、自分の遊びに戻る感じ。

小学校低学年:
小さい子のお世話がしたくて近づいてきて、足を触って気付く感じ(その前に私が言いましたが)。「おばちゃんのお腹の中で切れちゃった」と説明すると、「へぇ、かわいそう」という反応。しっくり来なかったようで、何か聞きたい様子でしたが、結局何も聞かずに、そのまま息子と遊んでくれました。特に息子の足を気遣っている様子はなく、普通に幼児のお世話をしている感じでした。

小学校高学年:
息子の足の動きで足に何か問題があることに気付く。義足だからと言うと、「あ~だから座る時も足伸ばしてるんだ~」「かわいそう」という反応。「何で」と質問してくる子もいるので、「おばちゃんのお腹の中で怪我して切れちゃった。」と説明すると、「どうやって切れたの?」「どんな怪我?」と納得いかない様子。「足が育たなかった」と説明した方が理解してくれました。小学校高学年以降は、お腹の中で赤ちゃんが育つことが理解できるので、ちゃんと説明した方が分かってもらえるようです。息子に対しては、足をケアしながら遊んでくれました。自分で降りられる段差も抱っこしてくれたり、少し過剰なケアでしたが。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamutomogisoarti.blog.fc2.com/tb.php/76-fd52dd4f

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。