プロフィール

tamutomo

Author:tamutomo
娘(2007年生まれ)・息子(2010年生まれ)の2児の母です。息子は太ももに絞扼輪(くびれ)、膝関節以下形成不全で生まれました。8ヵ月の時に絞扼輪(前半分)の形成手術、11ヵ月の時に絞扼輪(後半分)の形成手術・膝関節離断手術を受け、大腿義足ユーザーになりました。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

障害者が集まる場所でホッとする

先天性四肢障害スポーツ大会でもそうでしたが、手足の障害を持った子供達が集まる場所に行くと、何となくホッとします。それは、足の病院でも同じで、最近は病院の待ち時間をどうやって乗り切ろうか必死でホッとしている余裕はないのですが、まだ息子の自己主張がそんなに激しくなかった頃、特に義足をつけるようになる1歳頃までは、病院に行くとホッとしていました。それは、義足や形成不全の足が見えないように気を遣わなくて良い、むしろ「息子はこの症例です」と見せびらかしても良い位な気持ちでいられるからです。

義足を付けるようになるまで、恥ずかしいとか隠したいという気持ちではないのですが、何となく形成不全の足が見えないようにしていました。真夏でも、ベビーカーに座らせた時に膝に布を被せたり(健足側の日焼け対策の意味もありましたが)、抱っこする時にズボンがめくれ上がらないように気をつけたりといった感じ。息子ももうすぐ2歳になりますが、今でも、スボンがめくれ上がって義足が見えていたりすると、何となくズボンを直しています。それと、外に出る時は、どんなに近場でも、どんなに急いでいても、「義足は絶対に付けなきゃ!」と思っています。別に義足や断端を見られても良いのですが、何となく身だしなみを整える感覚(!?)です。このままでは、息子も義足を隠すようになったり、人前で義足を取ることを嫌がったりするようになってしまうのでしょうか。。息子が物心つく頃には、私も気にしなくなっているかな。。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

おひさしぶりです。

ばたばたしていて、なかなかゆっくりPCを触る時間がなく、ひさびさに見にきました。
すごくたくさんの日記
とても参考になります。

素晴らしいですね。
私も一度娘をスポーツ大会に連れて行ってやりたいなと思っていたので、うらやましいです。
*\(^o^)/*

よろしければ、リンクをはらせていただいても良いですか?
年末になるかもしれませんが、ご紹介をさせていただきたいのですが…

ご紹介をするにあたり、ご希望の紹介文などがありましたら、お教えください。

Re: おひさしぶりです。

コメント有難うございます!

スポーツ大会は、最近の小学校ではあまり見かけないパン食い競争もあったりして子供達も親もとても楽しかったです。それに、うちは姪や甥も連れて行ったのですが、「世の中いろんな体の人がいる」という事を学ぶ良い機会になったと思います。いつかChunさんも行けると良いですね。

リンクの件、有難うございます!特に希望の紹介文はないので、お手数ですが、お任せで・・。

私もChunさんのリンクを貼らせて頂きたいので、ご希望の紹介文がありましたらメールでもコメントでもどちらでも良いので、ご連絡下さいませ。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamutomogisoarti.blog.fc2.com/tb.php/75-50aed14c

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。