プロフィール

tamutomo

Author:tamutomo
娘(2007年生まれ)・息子(2010年生まれ)の2児の母です。息子は太ももに絞扼輪(くびれ)、膝関節以下形成不全で生まれました。8ヵ月の時に絞扼輪(前半分)の形成手術、11ヵ月の時に絞扼輪(後半分)の形成手術・膝関節離断手術を受け、大腿義足ユーザーになりました。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思春期の対応

先天性四肢障害父母のスポーツ大会で聞いた経験談の続きです。

本人が足の事で悩んだ時期があったかを聞きました。中学生の頃がピークだったとの事。自分はどうしてこんな足で生まれたのかと、親に感情をぶつけることもあったそうです。でもそれは、健常者が顔にニキビができて悩んだりするのと一緒で、見た目を気にする思春期特有のこと。「自分を受け入れて欲しい」という気持ちの表れだと思って、「お母さんは足があれば良かったと思ったことは一度もないよ」とか「義足だからこれができるよ」とか「手足の障害でこの世に生まれて来れない子が沢山いる中で、神様が生まれてOKと言ってくれたんだから、そのままでいいんだよ」と回答していたそうです。

思春期の対応、難しいですね。息子がどんな反抗期・思春期を迎えるのか想像もつきませんが、「何でこんな足で生まれたの?」という質問は覚悟しています。原因が無く、障害を持って生まれるべくして生まれた、変えられない運命だったのだと今は思っていますが、それでもまだ「私が普通の足に生んであげられなかった」という気持ちは拭えないので、正直この質問がくると辛いですが、「足が無くても生まれて本当に嬉しかったこと」は必ず伝えたいと思います。あとは、その時の息子の性格に応じて対応を考えていきたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

僕はコンプレックス多くて中学時代は悩みました
四月一日生まれとあって、学年で一番遅く生まれたのが何故か恥ずかしかったです
あと左利きというのも皆と違ってて嫌でした
他には成長が遅く、中三まで第二次成長期が来なくて、修学旅行で温泉に入る時に必死で大事な場所を隠してました
片足というキーワードはもちろん嫌でしたが、恋愛についても悩んだり、足だけに構っていられなくなりましたね
特に恋愛はマイノリティなので、周りの男子に話を合わすのが大変でした

幸い、義足が原因でのいじめはほとんどなく、母親にはどうして片足で産んだんだとは問い詰めなかったです
ただ、何気なく何で僕の足は片っ方しかないんだろ?二本あれば大好きなサッカーをもっと上手に出来たのにって言った時に、母が泣いて申し訳ない気持ちになりました

Re: タイトルなし


やすとさん

コメント有難うございます!

ホント悩みってそういうものですよね。今まで散々悩んだり迷ったりした事があっても、また別の気がかりな事が出現すると、今までの悩みはそっちのけになるみたいな。でも思春期の頃が一番悩み多き年頃でしょうね。

お母様の気持ち分かりますね。やっぱり、いつまで経っても、片足で産んでしまって申し訳ないという気持ちは拭えないです。子供に好きな事をやらせてあげたいのに、義足のおかげで壁にぶち当たってしまって、でも親としてはどうしてあげる事もできない悔しさというか悲しさというか申し訳なさというか、何とも言えない感情が込み上げてきますね。

うちの息子の場合は、「こっちも本当の足だったら良かったのに」と言った事が何回かあるので、私も免疫が出来ているというか、、大きくなってから思い詰めたように言われたらショックですが、何気なく言われるのであれば対処できるかなと思っています。



コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamutomogisoarti.blog.fc2.com/tb.php/74-9d35a2f7

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。