プロフィール

tamutomo

Author:tamutomo
娘(2007年生まれ)・息子(2010年生まれ)の2児の母です。息子は太ももに絞扼輪(くびれ)、膝関節以下形成不全で生まれました。8ヵ月の時に絞扼輪(前半分)の形成手術、11ヵ月の時に絞扼輪(後半分)の形成手術・膝関節離断手術を受け、大腿義足ユーザーになりました。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイハイ(義足あり)

義足をつけ始めてから(1歳1ヵ月から)、わりと何の違和感もなく、普通に、膝が曲がらない義足でハイハイをしていました。義足の足が伸びている以外は普通のハイハイのフォームだったり、ふざけている時は蛙みたいに手をジャンプさせるフォームだったりしていましたが、なかなか適当な動画が見つからず、下の動画ではあまり移動手段という感じには見えませんが、義足のハイハイでちゃんと室内の移動はできていました。ただ、伸びた義足がテーブルの脚やドアに引っ掛かったり、動きずらくて小回りが利かなかったり、義足を取ったハイハイよりスピードも遅かったので、義足を取って遊ばせる時間も作っていました。義足をつけていた時間は、伸びた義足の距離感に慣れるまで(1歳2ヵ月まで)は1日1~2時間位、その後、手押し車が移動手段になるまで(1歳3ヵ月まで)は1日4~5時間位、手押し車が移動手段になってから(1歳4ヵ月から)は朝起きてからお風呂に入るまで1日中つけていました。




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamutomogisoarti.blog.fc2.com/tb.php/62-2dd240d4

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。