プロフィール

tamutomo

Author:tamutomo
娘(2007年生まれ)・息子(2010年生まれ)の2児の母です。息子は太ももに絞扼輪(くびれ)、膝関節以下形成不全で生まれました。8ヵ月の時に絞扼輪(前半分)の形成手術、11ヵ月の時に絞扼輪(後半分)の形成手術・膝関節離断手術を受け、大腿義足ユーザーになりました。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ずりばい(10ヵ月~)

ズリバイが出来るようになったのは、10ヵ月になってからでした。手の粘着力を駆使して這っている感じで、お姉ちゃんの時もそうでしたが、ペタッペタッと手を床につける音をたてながら近づいてくるのが可愛い時期ですね。

お姉ちゃんは、8ヵ月頃から手の力でのズリバイを始め、普通のハイハイが出来るようになるか・ならないか位の時期に、今度は、肘から下を床に付けて長袖の洋服を滑らせて足の力だけで進むようになり、普通のハイハイはあまりしませんでした。フローリングだったから出来る方法ですが、この雑巾がけのようなズリバイ、かなりスピードがでるので娘は満足していたようで、歩くまでこの方法で通した為、半年以上ズリバイしていたと思います。じゅうたん張りの児童館では、この手法では進めず苦戦していましたが・・。

息子も暫くズリバイが続くかなと思ったら、1ヵ月もしない内に普通のハイハイをするようになりました。ペタッペタッと効果音つきのズリバイ可愛かったのに一瞬で終わってしまいました・・。お姉ちゃんのズリバイ過程が変わっているので多分これが普通の発達過程ですね。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamutomogisoarti.blog.fc2.com/tb.php/55-17aa20f6

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。