プロフィール

tamutomo

Author:tamutomo
娘(2007年生まれ)・息子(2010年生まれ)の2児の母です。息子は太ももに絞扼輪(くびれ)、膝関節以下形成不全で生まれました。8ヵ月の時に絞扼輪(前半分)の形成手術、11ヵ月の時に絞扼輪(後半分)の形成手術・膝関節離断手術を受け、大腿義足ユーザーになりました。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腰の筋肉 要注意

リハビリが3~4週間に1回となってから、息子が風邪でお休みしたりで、自宅では全くストレッチしないまま、なんだかんだ5週位間隔が開いてしまった時に、リハビリの先生に腰の筋肉が硬くなっていると言われました。1歳10ヵ月の時です。どうも、息子は義足側の足の付け根(股関節)の筋肉が使いすぎで縮んでいるので、それを腰の筋肉を使ってバランスを取っているとの事でした。極端に言えば「おじぎ」をしている姿勢のまま、腰を反らして直立の姿勢を維持しているという状態です。これは、普通の子供より背骨のS字カーブがきつくなっている状態で、体重の少ない子供の内は問題ないけれど、この姿勢のまま大きくなると、腰痛が発生する可能性があるとの事でした。今後は、股関節の筋肉のストレッチに加え、腰の筋肉のストレッチも自宅で行うこととなりました。

言われてみれば、最近、腰を反らして後ろ重心な感じはしていたのですが、子供だからお腹が出ていて、そう見えるのかなぁと思っていました。でも、息子は痩せ型でそれ程お腹が出ていないので、リハビリの先生の指摘に納得でした。今まで自宅でのストレッチを怠っていたことに反省。。そして、リハビリに通える環境にあることに感謝です。最近リハビリに通うのが面倒になっていましたが、定期的に専門家に見て頂いて、腰痛等のトラブルが起こる前に異変を見つけて対処できるのは有難いですね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

なるほど

意外と、日頃見ているだけでは気づかないことも、気づいてくれるプロの存在はやはりありがたいですね。

Re: なるほど


訪問ありがとうございます!半年に1回、主治医の診察も受けていますが、短時間の診察では気付きにくかったり、理学療法士のリハビリの先生とはまた違った整形外科医の視点なので、腰痛など筋肉の事に関しては見過ごしがちだったりするので、リハビリを受けられて本当に有難いです。面倒臭がらずに頑張って通い続けようと思います。コメント有難うございました!



コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamutomogisoarti.blog.fc2.com/tb.php/53-17270ce4

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。