プロフィール

tamutomo

Author:tamutomo
娘(2007年生まれ)・息子(2010年生まれ)の2児の母です。息子は太ももに絞扼輪(くびれ)、膝関節以下形成不全で生まれました。8ヵ月の時に絞扼輪(前半分)の形成手術、11ヵ月の時に絞扼輪(後半分)の形成手術・膝関節離断手術を受け、大腿義足ユーザーになりました。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風船を使って防水義足に

肌色4 肌色3 肌色6 肌色5 プール(1足目)

 
お姉ちゃんの幼稚園も夏休みに入り、外で遊ばせるには暑すぎる日が続いて、じゃぶじゃぶ池(浅いプールみたいなもの)に連れて行くことにしました(お姉ちゃん4歳、息子1歳7ヵ月の時です)。お姉ちゃんがプールに入ると息子も入りたがるので、市販の風船を使って、義足を防水仕様にしてみました。何回かプールに入りましたが、義足内部の金属部分には1回も水は入らずに済みました。でも、調子に乗って、顔を浸けない「けのび」の姿勢で手を引っ張って水面を泳がせていたら、義足がライナーごとガバッと脱げてしまいました・・。義足を付けたまま泳ぐことはできないんですね・・。義足でのプールは水遊び程度に留めないといけませんね。プールの時だけでなく、息子が床でゴロゴロしていた時にも、何かの拍子に義足がライナーごと脱げてしまったことがあったので、後日、義肢装具士さんに聞いてみると、息子が使っているライナー(Alpha SPIRIT)は使用している内に体の熱でだんだん伸びてきてしまうので、フィット感が無くなったライナー内部に汗や水が入って、脱げてしまったのではとの事でした。もうすぐ2足目の義足が出来上がりますが、今のライナーは使用期間6ヵ月位です。外側の生地は剥がれているし、脱げてしまう位のびているし(断端が細くなったせいもありますが)、ライナーの寿命は短いですね。

風船を使った防水方法は以下の通りです。

★ 材 料 ★
材料
写真の左から
・3フィート ラウンド ファッションカラー バルーン(色:ブラッシュ)・・・メーカー名 Qualatex Balloon
・16インチ ラウンド ファッションカラー バルーン(色:ブラッシュ)・・・メーカー名 Qualatex Balloon
・3フィート ラウンドバルーン(色は何でもOK)・・・メーカー名 ナランハバルーンカンパニー
・16インチ ラウンドバルーン(色は何でもOK)・・・メーカー名 ナランハバルーンカンパニー
・ビニールテープ(電気絶縁テープ)の透明色

★作り方★
1.材料の写真のように、風船の筒の部分と丸い部分をはさみで切り分ける。伸びが悪い吹き込み口の部分も切り取る。(シールが付いているのが使う部分)

2.ナランハバルーンカンパニー(以降ナランハ)の3フィート風船の筒部分を足首に被せて、膝側の部分をビニールテープで巻き、防水する。(ナランハの風船は他のメーカーのものより伸びが良い。)
内カバー1

3.ナランハの16インチ風船の丸い部分を足に履かせて、繋ぎ目をビニールテープで巻き、防水する。(1層目の防水を完了させる。)
内カバー2

4.ナランハの風船は肌色(ブラッシュ)が無いので、仕方なく他のメーカーの風船(Qualatex Balloon)を使って、2層目の防水を作る。1層目の工程と同じように、3フィート風船の筒の部分を足首に被せる(伸びが悪いのでコーヒーの缶等に一旦被せて一晩置くと多少被せ易くなるようです)。
肌色2

5.膝側の部分をビニールテープで巻いてしっかり防水する。
肌色1

6.Qualatex Balloonの16インチ風船を足に被せて、繋ぎ目をビニールテープで巻き、しっかい防水する。
肌色3

7.つま先やかかと、足裏が破けてしまわないように、ビニールテープで補強する。(足裏がなるべく平らになるように風船のしわは甲の方に寄せる。)
肌色5 肌色6

8.完成
肌色4
関連記事
スポンサーサイト

コメント

おしえてください。

なんか、この防水方法 いいですね。
今度、もしお会い出来たらゆっくり教えていただきたいです。
材料を購入してやってみなくちゃ。


もし可能なら、時間のあるときで構わないので、またメールかなにか他の方法でも構わないので教えてください。
よろしくお願いします。

Re: おしえてください。


コメントありがとうございます。

そういえば、こんな方法もやっていましたね・・。今はリアルソックスのおかげで風船を使わずに防水できているので、風船作業はお休みしていますが、リアルソックスで防水できるのも膝継ぎ手を付けていない間だけなので、膝継ぎ手を付けたら、もしかしたらまた風船を使うようになるかもと思っています。

けど、足部が大きくなっても風船破れずにカバーできるかしら、、、風船の余りが大量にありますので、今度お会いした時にでも持参しますので、お試し下さいね。詳細は別途メールで。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamutomogisoarti.blog.fc2.com/tb.php/42-f48fcdcb

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。