プロフィール

tamutomo

Author:tamutomo
娘(2007年生まれ)・息子(2010年生まれ)の2児の母です。息子は太ももに絞扼輪(くびれ)、膝関節以下形成不全で生まれました。8ヵ月の時に絞扼輪(前半分)の形成手術、11ヵ月の時に絞扼輪(後半分)の形成手術・膝関節離断手術を受け、大腿義足ユーザーになりました。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ズボンに穴があく

1足目の義足が完成し、公園などで遊ぶ機会が増えた頃から、すぐにズボンに穴が開くようになりました。穴は、おしりと太ももの境目あたりで、ソケットの履き口と思われる場所。恐らく、転んで尻持ちをついた時に、ズボンがソケットと砂利等に挟まれて穴が開いてしまうのではないかと思います。

夏用の薄手のズボンは、一回履いただけで穴が開くこともしばしば。おまけに、義足が汚れないように長ズボンを履かせたいのに、夏用の長ズボンがなかなか売っていない(7分丈や8分丈が多い)ので、母に何本か手作りしてもらいました。穴が開く場所は、布が2重の特別仕様です。私はお裁縫がまるでダメなので母に感謝!

布2重の効果か、手作りスボンは穴が開くことはありませんでした。その後、ソケットが細くなった2足目の義足から、市販のズボンでも穴あきは減ったので、穴あきはソケットが太かったせいなのか、尻持ちをつく回数が多かったせいなのかよく分かりません。

ズボン破れ ←クリックで拡大


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamutomogisoarti.blog.fc2.com/tb.php/40-5b9cc4ad

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。