プロフィール

tamutomo

Author:tamutomo
娘(2007年生まれ)・息子(2010年生まれ)の2児の母です。息子は太ももに絞扼輪(くびれ)、膝関節以下形成不全で生まれました。8ヵ月の時に絞扼輪(前半分)の形成手術、11ヵ月の時に絞扼輪(後半分)の形成手術・膝関節離断手術を受け、大腿義足ユーザーになりました。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靴下の滑り止め

1足目の義足に取り外し不可能な靴下(ストッキネット)が被せてあった為、滑って転ばないように、靴下に滑り止めを塗りました。幼児の靴下には予め滑り止めが付いていることが多いですが(下の写真の靴下にも付いています)、それでは面積が足りず、肝心なつま先やかかとには付いていない為に、この滑り止めが必要となりました。滑り止めをかわいく星型や丸型にするシートが付属されていましたが、これを使うと、義足と床の摩擦力が強すぎるのか洗濯機のせいか分かりませんが、微妙に取れて、かわいい所かゴミが付いているみたいで汚らしく見えるので、下の写真のように、ベターっと塗ってしまったほうが良いように思いました。それでも、洗濯の度に、少しずつ取れてきてしまうので、ボロボロになってきたら塗り直していました。

靴下滑り止め 靴下1 靴下2


→その後、いつの頃からか、滑り止めが付いていない靴下でも滑らなくなりました。なので、この滑り止めキットを使ったのは一時だけでした。うろ覚えですが、確か・・2歳半頃から、滑り止めを付けるのを止めたような気がします。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamutomogisoarti.blog.fc2.com/tb.php/39-a680047b

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。