プロフィール

tamutomo

Author:tamutomo
娘(2007年生まれ)・息子(2010年生まれ)の2児の母です。息子は太ももに絞扼輪(くびれ)、膝関節以下形成不全で生まれました。8ヵ月の時に絞扼輪(前半分)の形成手術、11ヵ月の時に絞扼輪(後半分)の形成手術・膝関節離断手術を受け、大腿義足ユーザーになりました。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮義足の手続

1足目の義足は医療目的で作る「仮義足」と呼ばれ、日常生活用とされる2足目以降の「本義足」とは違う手続をたどります。大きく違う所は、費用の負担先で、これにより手続の流れや支払い方法が本義足とは異なっているのです。詳細は以下をご参照下さい。
※こども医療費助成対象となる場合に限った手続方法です。また、自己負担額等の具体的な金額や、手続所要日数等は、居住地域により異なるかと思いますので、参考程度でお願い致します。


★費用負担・支払方法等まとめ(2011年1月現在)★

           仮義足                       本義足
 負担先: 健保・市区町村(こども医療費制度)  国・都道府県・市町村
        ※障害者手帳 不要          (障害者自立支援法)
                               ※障害者手帳 要す

 支払方法:一旦立替払いし、後日払い戻し    立替払いなし
       自己負担額なし(全額払い戻しされる)  1割自己負担(上限37,200円)

 メリット: 福祉事務所の審査・補助決定を    高額な立替払いをする必要なし
       待たずに義足制作を開始できる    申請先は1つ(管轄の福祉事務所)
       全額返金される為、実質無料

 デメリット:高額な立替払いがある         福祉事務所の審査・補助決定通知
       払い戻し申請先が2つある       を得てから義足制作を開始する為、
                               納品までに時間がかかる
                               自己負担額が発生する

★手続の流れ(2011年1月現在)★

 1.主治医に「意見書」(義足が必要だという診断書のようなもの)を書いて頂く。

 2.義肢装具士さんが、患者の断端の大きさに合うライナーを確保する。
  (息子の場合、合うライナーの在庫が無かった為、取り寄せとなりました。)
     ↓ 約1週間後
 3.ライナーを付けて、義肢装具士さんに断端の型取り・採寸をして頂く。
  義肢装具士さんは、その後、仮合わせ用の義足制作開始。
     ↓ 約1週間後(通常は2週間かかる所を急いで頂きました。)
 4.仮合わせ用の義足が完成。
  それを付けて、主治医に診て頂く。
  主治医の許可・助言をもとに、義肢装具士さんが、仮義足を作り始める。
     ↓ 約1週間後(これも通常は2週間かかる所を急いで頂きました。)
 5.仮義足が完成。
  それを付けて、主治医に診て頂く。
  必要があれば調整して、後日また主治医に診て頂く。
  調整の必要無ければここで仮義足完成→納品→支払い(立替払い)。
  (息子の場合は約45万円を現金払いでした。)

 6.加入している健康保険組合へ、立替払いした医療費(仮義足代)の払い戻し申請
  を行う。(上記1.の意見書、5.の支払領収書が必要になる)
     ↓ 約2ヵ月後
 7.健康保険組合から支払額決定の通知が届き、振込される。(息子の健保は約7割
  しか負担しない。)
  健保からの通知を基に、残りの立替払い額について、市区町村役場へこども医療
  費助成の払い戻し申請を行う。

 8.市区町村役場から振込されたら手続完了。


息子の場合、健康保険組合の審査が難航し(医療目的の義足ではなく日常生活用ではないかとの疑いで)、主治医に書面で問い合わせを何度か行って、2ヵ月後位にやっと審査が通りました。恐らく健保としても初めてのケースで金額も大きかったため、慎重に審査していたものと思われますが、「1足目の義足=医療用の仮義足」という暗黙の了解みたいなものが通用しないこともあるんだなと思いました。

ただ、この健保の出し渋りについて、福祉事務所に何度か相談に行き、福祉事務所の担当者も親身になって、いろいろ調べたりアドバイス下さったりしたので、その担当者とは仲良く(?!)なることができました。そのおかげか、2足目の本義足手続はとてもスムーズに進めることができました。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamutomogisoarti.blog.fc2.com/tb.php/36-fd52cd7e

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。