プロフィール

tamutomo

Author:tamutomo
娘(2007年生まれ)・息子(2010年生まれ)の2児の母です。息子は太ももに絞扼輪(くびれ)、膝関節以下形成不全で生まれました。8ヵ月の時に絞扼輪(前半分)の形成手術、11ヵ月の時に絞扼輪(後半分)の形成手術・膝関節離断手術を受け、大腿義足ユーザーになりました。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友人の反応(対面後)

出産報告のときには「足に障害」としか伝えていなかったので、詳細を聞いてくれる友人もいれば、腫れ物に触る感じで足の話題には触れない友人もいたり様々でした。私も逆の立場だったら、聞いていいものか、聞いたらマズイのか悩むし、障害の内容を聞いても何て言ったら良いのか、反応に困ると思います。でも、実際に障害児の母になってみて私は思いましたが「聞いていいんです!」。

それで、足の話題に触れないようにと、ずっと気を遣わせてしまうのがお互いに苦痛だと思ったので、私は自分から足の話題を出すようにして「でも元気だからいいの。」とか自分で結論も言うようにしました。そうすると「義足できたんだ。」とか「歩けるようになったんだ。」とか「プールは入れるの?」とか、気を遣いすぎると禁句になってしまうような会話が、無理なく自然にできるようになりました。これから大きくなるにつれて、お友達の走るスピードに付いていけなかったり、いっしょに遊具で遊べなかったりして、子供同士のペースが違ってしまうかもしれないけど、それでも良きママ友関係を続けていけたらいいなと思っています。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamutomogisoarti.blog.fc2.com/tb.php/21-351d3d22

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。