プロフィール

tamutomo

Author:tamutomo
娘(2007年生まれ)・息子(2010年生まれ)の2児の母です。息子は太ももに絞扼輪(くびれ)、膝関節以下形成不全で生まれました。8ヵ月の時に絞扼輪(前半分)の形成手術、11ヵ月の時に絞扼輪(後半分)の形成手術・膝関節離断手術を受け、大腿義足ユーザーになりました。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストライダー(3歳1ヵ月のとき)

1歳のお誕生日プレゼントに買ってもらったストライダー。「倒れるから嫌」と言って、ずっと乗っていなかったのですが、お友達が乗っているのに興味を持ちだして、2歳11ヵ月の時に練習し始めました。

この年代だと、普通は、2~3回練習すれば、それなりに乗れるようになるようですが、息子の場合は、最初はサドルに座る事もできず、跨って歩いているだけ。そんな状態が結構長く続きましたが、それでは歩くよりスピードが遅いので、ストライダーに乗っている他のお友達に全く付いていけないんですね。それで、少しずつ進歩しまして、サドルに腰かけて両足を地面に付けた状態で漕ぐ(歩く)→バランスを取って片足で漕ぐ という感じになりました。

片足で漕げるようになったのは、2ヵ月後(週1~週3の練習)、3歳1ヵ月のときです。以下がその時の動画です。



けど、片足で漕ぐスピードでは、やっぱり他のお友達には付いていけないんですけどね。ストライダーって両足でビュンビュン漕げば自転車並みにスピード出ますものね。でも、お友達もずっと走り回っている訳ではなく、どこかで止まったりするので、その時に追いついたり、「連結~」と言って汽車みたいに皆で一列になってストライダーを漕いだり(自然とスピードはゆっくりめ)、それなりに一緒に遊べています。





関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamutomogisoarti.blog.fc2.com/tb.php/207-475fd5a4

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。