プロフィール

tamutomo

Author:tamutomo
娘(2007年生まれ)・息子(2010年生まれ)の2児の母です。息子は太ももに絞扼輪(くびれ)、膝関節以下形成不全で生まれました。8ヵ月の時に絞扼輪(前半分)の形成手術、11ヵ月の時に絞扼輪(後半分)の形成手術・膝関節離断手術を受け、大腿義足ユーザーになりました。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靴下を履く(3歳6ヵ月のとき)

息子の靴下の履き方のご紹介です。

リアルソックスを指股つきにしてから、どうも靴下を履くことが難しくなってしまったので、幼稚園の靴下は、義足側だけ以下のように足首のゴムを抜いて、ゆるゆるの靴下に加工しました。

靴下加工(3歳4カ月)1

靴下加工(3歳4カ月)2
↑足首部分の裏地。分かり易くゴムに楊枝を通しました。このゴムをハサミで切って抜き取ります。

靴下加工(3歳4カ月)3
↑ゴムを抜くと見た目ではあまり変わりませんが、ゆるゆる、ダルダルの状態になります。健足でこれを履くと、ずり落ちてきて、すご~く履き心地悪いと思います。

靴下加工(3歳4カ月)4
↑右がゴムを抜いていない健足用、左がゴムを抜いた義足用。

履き方は以下です。

靴下ロールアップ
↑本人も幼稚園の先生も分かり易いように、義足側の靴下には「ひだり」と書きました。そして、足先だけちょこっと出るように足首部分をロールアップ。ここまでは準備してあげています。履き方動画は以下です。



今の所、このゆるゆる靴下であれば自分で履けますが、他の靴下はフィット感が強すぎて自分では履けません。というか、「できな~い」と鼻っから履く気がありません。。でも、こんな風に足首に分かり易いゴムを通してある靴下って、白以外あんまり見た事がないので、他の靴下に関しては、本人のやる気と、手先が器用になることと、握力?の発達を待つしかないかなと思っています。





関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamutomogisoarti.blog.fc2.com/tb.php/203-fccc0e1b

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。