プロフィール

tamutomo

Author:tamutomo
娘(2007年生まれ)・息子(2010年生まれ)の2児の母です。息子は太ももに絞扼輪(くびれ)、膝関節以下形成不全で生まれました。8ヵ月の時に絞扼輪(前半分)の形成手術、11ヵ月の時に絞扼輪(後半分)の形成手術・膝関節離断手術を受け、大腿義足ユーザーになりました。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4足目完成(3歳4ヵ月):見た目を変更

義足4足目1

4足目の義足の紹介です。上の写真で、左が旧義足、右が新義足です。構造は今までと変わらずですが、以下3点を変更しました。

 1.リアルソックスを指股つきにしました。中の足部は旧義足でも指股つきだったのですが、リアルソックスに関しては今までのサイズでは指股つきの作り自体が無かったので、今回初めてです。
義足4足目2

義足4足目3

義足4足目4

上の写真のとおり、指股をつけただけで、すごいリアル。足首のしわの感じとか、足の裏までしわ加工されていて、芸が細かいですね。ソケットが隠れるズボンを履いていたら、パット見では義足だと分かりません。

こんな感じで見た目は良くなったのですが、難点は、下の写真のとおり、前の義足よりつま先が幅広になってしまって、つま先の形も今までみたいになだらかなカーブではなく、各指の凹凸がある為に、靴下や靴が自分で履けなくなってしまった事。
義足4足目5

せっかく履けるようになったのに、また振り出しに戻ってしまいました。特に靴下は、今までの履き方(健足と同じ普通の履き方)で履こうとすると、新品のリアルソックスの滑りが悪い上に、指先の凹凸のどこかに靴下が引っ掛かってなかなか通らず、苦戦。いろんな履き方を試し、幼稚園の先生からもアドバイスを頂きながら、息子の履き易いやり方を見つけました。その履き方はまた別の記事でご紹介したいと思います。靴に関しては、履き方は今までと同じですが、つま先が幅広になった上に足部サイズも1cmアップしているので靴がきつくなっていて(サイズを替える程ではない)、靴のかかとを引っ張る指の力が今までより必要になった感じです。そんな訳で新義足完成後、一旦振り出しに戻った靴・靴下作業でしたが、3週間くらいしたら靴が再び自分で履けるようになり、1ヵ月半後くらいから靴下が再び履けるようになりました。この年代は、義足のちょっとした見た目の変更でも、身支度がやり難くなったりでデリケートですね。。

もう一つの難点は、以前記事に書きましたが、この幅広なつま先のせいか、ハイハイの姿勢で移動する時に親指を床にこすってしまって、完成から1ヵ月半でリアルソックスに穴が開いてしまった事。詳細はこちら→「リアルソックスに穴が開く」をご参照下さい。

今回、リアルソックスを指股つきにしたのは、七五三(5歳のとき)に足袋や草履が履けたらいいなと思って試してみた感じなのですが、リアルソックスの厚みもあるので、親指と人差し指の間はかなり狭く、鼻緒は引っ掛ける程度しか入らなそう。それに、たったの1ヵ月半で穴が開いてしまって、強度的に問題ありなので、草履は諦めて次回は指股なしのリアルソックスに戻してみようかなと思っています。足部は指股つきなので、草履を履く時だけリアルソックスを取っても良いですしね。再びリアルソックスを付ける時は自力では無理で、義肢装具士さんにお願いしないといけないからちょっと面倒ですけどね・・。

 2.もう一つの変更点は、下の写真のとおり、外側脇のマジックテープの長さを短くして頂いた事。
義足4足目6

これが長いと息子はズボンを履く時に引っ掛けてしまって、ズボンに変なしわが寄っているなぁと思ったら、マジックテープが半分くらいはがれてズボンの方に接着されていたという事が何度もあったので、強度的に問題がない程度に短くして頂きました。これで大分ズボンを引っ掛けずに履けるようになりました。

 3.最後の変更点というか、元に戻した点ですが、上に同じく外側脇のマジックテープに関して、前の義足はズボンやパンツの脱ぎ履きがし易いように金具ループを取って折り返し無しで留める方式にして頂いたのですが(詳細はこちら→「義足とトイレ」ご参照下さい)、上記の通りマジックテープを短くしたので、強度が出るよう金具ループ有り(折り返し留め)に戻して頂きました。今はもう、金具ループ有りでも問題なくズボンやパンツの脱ぎ履きができます。


こんな感じで、息子の成長に伴ってマイナーチェンジしてみたり、また戻してみたり、今の所まだ思考錯誤してます。きっと、それぞれのユーザーさんで着目ポイントが違うんでしょうね。義肢装具士さんも色んな要望に応えなきゃならないから大変ですね・・。でも仕上がりが気に入らないから使わないっていう訳いかないし、一回作ったら早々に変更できない物なので、いろいろと相談しながら、その時、その時でベストの物が出来上がると良いですね。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

わかりやすいです

すごくわかりやすいです。
参考になりますよ。
とてもよくわかります。心から。

指が分かれているタイプ、弱いですよね。評判悪いなぁ。
やはりパシフィックサプライさんにもう一度言っておきます。はい。(^^;;

Re: わかりやすいです

コメント有難うございます!

分かり易いと言って頂けて有難いです^^

指が分かれているタイプ、何故か弱いですよね、、息子のは外国製かと思ったら、佐藤技研さんという京都のメーカーさんの製品だそうで、パシフィックサプライさんを経由しているのかな?なんだか、どのメーカーさんがどんな部品を作っていて、その流通ルートとか、未だにさっぱり分からないです^^; 一つの義足を作るのに色んなメーカーさんが絡んでいて難しいですね・・

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamutomogisoarti.blog.fc2.com/tb.php/194-961aae98

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。