プロフィール

tamutomo

Author:tamutomo
娘(2007年生まれ)・息子(2010年生まれ)の2児の母です。息子は太ももに絞扼輪(くびれ)、膝関節以下形成不全で生まれました。8ヵ月の時に絞扼輪(前半分)の形成手術、11ヵ月の時に絞扼輪(後半分)の形成手術・膝関節離断手術を受け、大腿義足ユーザーになりました。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

義足で潮干狩り(3歳4ヵ月のとき)

今年のゴールデンウィークは、潮干狩りに行きました。息子3歳4ヵ月のとき。実は子供達だけでなく、パパもママも初めて。軽くネットで持ち物など下調べして行きました。

ネットで調べたお勧めの持ち物リストにレインコート(防寒、防水用)とあったのですが、暑いという予報だったのと、濡れても着替えがあるから~、潮干狩りでそんなにびしょびしょになる事はないし~と思い込んで持って行かなかったのですが、これが大失敗。持ち物リストにあるものは持っていくべきでしたね・・。潮干狩り最中は暑い位だったのですが、息子は早々に潮干狩りに飽きて泥水のプール遊び状態になりずぶ濡れで、潮が満ちていくにつれて風も強くなったので寒い寒い言い出し、着替えようにも手足を洗う水場が混みあって行列ができていて、意外と泥汚れが落ち難くて一人一人洗い流すのに苦戦している様子でその行列がなかなか進まず、タオルで息子をぐるぐる巻きにしましたが、並んでいる間中息子はブルブル震えていました。。。失敗その2は、息子のバケツ(お砂場遊びに使っていたもの)を紛失。というか寒いという息子を急いで引き上げたので潮干狩り場のどこかに置き忘れて海のゴミとなってしまいました。どこかに流れついているかしら、、誰か回収して下さったかしら、、名前書いてあるけど捨てて良いです^^;

義足に関する失敗は、替えのライナーを持参しなかったこと。あんなにずぶ濡れになる事を予想していなかったので・・・。替えのライナーがあれば、断端をウエットティッシュ等で拭くだけで新しいライナーを付けられるので楽だし、断端のお肌にも良さそうですよね。今回は水場が混んでいたので、その場で義足を取ってライナーを洗うのも気が引けて、それに一度取ってしまうと余計な砂が断端に付いてしまいそうだし、ライナーの表面は塗れているものの、内側には塩水が入りこんでいないと判断して、洗浄せずに息子には我慢してもらいました。本人全然気にしていませんでしたけどね。帰宅してから確認した所、履き込み口から1センチ弱くらいの所に泥がついていたので、ここら辺までは海水が入り込んだ模様ですが、ライナー内側の奥深くまでは入らなかったようで断端は濡れていませんでした。ライナーの履き込み口は、息子が汗疹になり易い所ですぐ痒くなるのですが、今回は幸い肌荒れせずに済みました。

義足の安否はというと、やっぱりリアルソックスに亀裂が入りました。下の写真で分かるかしら・・。それぞれ5ミリ位の亀裂が3箇所。1箇所はもともとあったような気もしますが。

リアルソックス破れ1(3歳4ヵ月)

リアルソックス破れ2(3歳4ヵ月)

サンダルや靴を履くと逆に泥水にはまって歩きにくかったので素足で潮干狩りしたのですが、潮干狩り場には、結構するどく、いびつな形をした貝が埋まっているんですよね。お姉ちゃんも足裏を切って怪我した位。リアルソックスも恐らくそれにやられたと思います。お姉ちゃんも息子も、いらない靴下を履かせておけば良かった・・。意外だったのが、リアルソックスの足裏部分が破れなかったこと。不思議と足首とか脛の部分(しかも全て後ろ側)が破れました。足裏より足首とか脛の部分の素材が薄いのかしら??息子が座り込んだ時にたまたま足首に貝が当たっただけ??けど、リアルソックスって一気にビリーッとは大きく裂けないのですね。この程度の亀裂であれば義足内部への入水は防げるようです。なかなかの優れもの。

海辺での息子の動作に関しては、足首くらいまでの水位であれば一人で歩けました。けど、膝くらいの水位になると、海底も底なし沼のようにドロドロになり、そのドロドロに義足がはまってしまって自力では抜け出せない状態になりました。いつもだったら、がんばれ~!と暫く傍観するのですが、今回はライナーが毛羽立ちぎみで脱げ易くなっていた義足だったので、ここで脱げてしまったら手に負えないと思って、早々に手助けしました。↓は今回の潮干狩りの動画です(息子3歳4ヵ月)。



潮干狩りを終えて気になったのは、義足の汚れ。息子はお姉ちゃんの幼稚園時代のジャージを着ていたので、その足首の幅広ゴムが義足ソケットにフィットして、予想以上に砂が入るのを防いでくれたのですが、それでもソケット表面の気泡みたいな小さな穴に砂が入り込んでしまって、歯ブラシでこすったりしても取れませんでした。そんなに目立ちませんけどね。それと、内ソケットのマジックテープ部分にも砂が入り込んで、これも取れません。気になる場合は、義肢装具士さんにお願いして、マジックテープを取り替えてもらった方が良いかもしれませんね。以下写真。その他は、そんなにゴシゴシしなくても洗い流すだけで元通りになりました。リアルソックスを付けていれば、ザブザブ洗えてやっぱり便利です。

ソケット汚れ1(3歳4ヵ月)

ソケット汚れ2(3歳4ヵ月)


今回は、あと4~5日で新しい義足が完成するタイミングだったので、使用中の義足で行って、破れも汚れも数日の辛抱と思ってそのまま何も修理せずに過ごしましたが、作りたての義足の場合には、一つ前の義足をつけて潮干狩り場へ行った方が良さそうですね。







関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamutomogisoarti.blog.fc2.com/tb.php/193-0113f69f

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。