プロフィール

tamutomo

Author:tamutomo
娘(2007年生まれ)・息子(2010年生まれ)の2児の母です。息子は太ももに絞扼輪(くびれ)、膝関節以下形成不全で生まれました。8ヵ月の時に絞扼輪(前半分)の形成手術、11ヵ月の時に絞扼輪(後半分)の形成手術・膝関節離断手術を受け、大腿義足ユーザーになりました。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おにごっこ(素敵な遊び方)

おにごっこ(2歳11ヵ月)


少し前の話ですが、姪っ子、甥っ子達とおにごっこ(凍り鬼)をして遊ぶ機会がありました。メンバーは、一番上が3年生、続いて2年生、年長、年中、息子(2歳11ヵ月)、そしてうちのパパ(一人で鬼)という感じ。

小さな公園で遊んでいたので、それ程逃げ回れるスペースがなく、子供達はすぐに捕まってしまうんですね。そこで大活躍したのが、無敵の息子。息子は鬼にタッチされても氷にならないという子供達が決めた特別ルール。というか意味が分かっていないから氷になれないので^^; 息子は「助けて~」「早く来て~」の助けを求める声が聞こえる場所へ、氷になった仲間達を溶かしに一生懸命走り回って、ヒーロー気分になったようでした。

その内に、息子が「追いかけたらダメ~!!」と鬼(パパ)に怒り始め、いくら言っても鬼が追いかけるのを止めないので(そういうゲームですから・・)、みんなを守る事にしたようです(↑上の写真)。

するとお姉さん達もひらめいたようで、「○○くん(息子)に守られてる時は捕まらないってことね!」と、また特別ルールを作成。

一向に凍り鬼を終えることができないので、鬼もクタクタになり、、最終的には私も鬼として参戦。。。無敵の息子がいる限り凍り鬼では終了できないので、高鬼に変更。全員、捕ったら終了して帰るというルールにして、一運動しました^^;

今回、息子はメンバーの中で一番小さかったので、お兄さんお姉さん達が特別ルールを自然と考えてくれましたが、息子が大きくなってから同年代のお友達と遊ぶ時も、足の速さでは敵わないので、なんとなく特別ルールができて、なんとなく鬼ごっこ遊びに加われるといいなと思いました。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

素敵

素敵なアドリブ
こういうのって、周りみんなが様々な気付きをもらえるから素敵です。
おかげさまですよね。
本当にね。

Re: 素敵


コメントありがとうございます!

そう、子供達の臨機応変な発想、有難いですね。まぁ、今回は鬼が大人ですから、子供達と極端に運動力の差があって、子供達も捕まりたくない一心で考案したというか、上手い具合に、息子と周りの子供達との間で持ちつ持たれつの関係ができたとうか。

特別ルールを作ってもらう事が当たり前と思ってはいけませんが、苦手な遊びでも、いろんな遊び方、加わり方があって、工夫次第で楽しめる事、息子も沢山体験できたら良いなと思います。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamutomogisoarti.blog.fc2.com/tb.php/182-d8d880a8

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。