プロフィール

tamutomo

Author:tamutomo
娘(2007年生まれ)・息子(2010年生まれ)の2児の母です。息子は太ももに絞扼輪(くびれ)、膝関節以下形成不全で生まれました。8ヵ月の時に絞扼輪(前半分)の形成手術、11ヵ月の時に絞扼輪(後半分)の形成手術・膝関節離断手術を受け、大腿義足ユーザーになりました。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子8ヵ月頃になるまで暗中模索

整形外科の診察で一旦疑問を解決できたものの、その後次々と新たな疑問が沸き、息子がお座りできるようになる8ヵ月頃まで暇さえあればネット検索の日々でした。医師に原因不明と言われても、やっぱり息子の障害の原因が知りたくて絞扼輪症候群について調べたり、息子が今後どのような動きができるのか知りたくて動画を探したり、どのような義足があるのか調べたり、知りたいことが沢山ありました。でも結局、絞扼輪症候群についても明確な原因が見つからず(詳細は先天性絞扼輪症候群についての症状・原因をご参照下さい)、切断部位が同じ子供の動画があまり無かったり、見たこともない義足について調べてもピンとこなかったり、結局解決できないまま時間ばかり過ぎていきました。二人目の子供なのに先行きが見通せず、暗中模索な感じでした。

しかし、息子がお座りできるようになって、ハイハイできるようになって、つかまり立ち、伝い歩き・・と、いろいろな動きをマスターしていく内に、「な~んだ、義足でも結構できるじゃん!」と心配が薄らいでいきました。実際に義足を使い始めてからは、義足のこともそれなりに詳しくなって、ネットに頼ることは少なくなっていきました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamutomogisoarti.blog.fc2.com/tb.php/17-994f674a

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。