プロフィール

tamutomo

Author:tamutomo
娘(2007年生まれ)・息子(2010年生まれ)の2児の母です。息子は太ももに絞扼輪(くびれ)、膝関節以下形成不全で生まれました。8ヵ月の時に絞扼輪(前半分)の形成手術、11ヵ月の時に絞扼輪(後半分)の形成手術・膝関節離断手術を受け、大腿義足ユーザーになりました。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうっと歩く(2歳7ヵ月のとき)

今までそうっと歩く場面が無かったので、いつから出来るようになったか分かりませんが、ジョウロに入った水をこぼさずに持っていく場面で、本人なりにそうっと歩いていました。これが義足的に難しい動きなのか分かりませんが、水をこぼさないように持ち運ぶって健常児でも結構難しいし、義足にちゃんと体重をかけて健足の膝のクッションを使ってがんばっていたのでアップしてみました。

健常児の場合は、多分、両膝を曲げて、すり足ぎみで運ぶ感じ?だと思うのですが、息子の場合は、義足の膝は曲がらないですが長さが健足より短くできているので、健足の膝を曲げて義足の長さに合わせて、そのまま膝を伸ばし切らないように歩いている感じ?そうやって膝で上下の動きのバランス取っても、義足と健足それぞれに体重移動する時に、どうしても上半身が左右にぶれてしまうので、結局ジョウロの水こぼしてしまいます。やっぱり、義足で上半身もぶれないように、そうっと歩くって結構難しいんじゃないかと思います。

もう一つ、このジョウロ運びで分かった事は、フローリングが塗れているとリアルソックスはすご~く滑りやすいという事。床が乾いていればリアルソックスは滑り止め効果があって良いのですが、塗れていると逆効果ですね。義足の足の裏は真っ平らですからね。私も靴底が真っ平らな靴を雨の日に履いて、タイルみたいな所を歩いた時に、滑って怖い思いをした経験があるので、そんな感じだろうなと思います。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

すごーい。

この動き、じつはとっても難しいですよね。
娘が、合気道なんかでよく苦労しています。

ゆっくりとした体重移動を自然にできるようにならないとむつかしい。
でも、たとえば曲芸士さんとかで・・・・
竹馬を履いたまま皿回しをすることとか考えたら・・・たぶん訓練しだいなんだろうなあとか・・・考えちゃいます。

動画、やっぱり参考になりますね。
わたしもたまにはアップしようかなあ・・・・

Re: すごーい。


コメント有難うございます!

そうですか、本人は何気なくやっているので、難しいのかよく分からなかったのですが、そうっと歩くってやっぱり難しいんですね。

けど、もっと上手にならないと、ウェートレスのアルバイトはできないですね。

家で飲み物の入ったコップを運ばせると、口をつけて、口と頬でコップに蓋をする要領で運んでいます。こぼさないように工夫しているのか、ただ単に早く飲みたいだけなのか微妙な所ですが。



コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamutomogisoarti.blog.fc2.com/tb.php/157-9b47fe88

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。