プロフィール

tamutomo

Author:tamutomo
娘(2007年生まれ)・息子(2010年生まれ)の2児の母です。息子は太ももに絞扼輪(くびれ)、膝関節以下形成不全で生まれました。8ヵ月の時に絞扼輪(前半分)の形成手術、11ヵ月の時に絞扼輪(後半分)の形成手術・膝関節離断手術を受け、大腿義足ユーザーになりました。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

障害物をよける(義足あり・なし)

ふと気付くと、義足をつけている時・つけていない時の足の距離感を本人なりに把握して、動けるようになっていました。最近、こっちが「あ、ぶつかる!」と思う障害物があっても、ひょいとよけたり、「これは義足がひっかかるだろうな」と思うような小さなトンネルがあっても、両手と健足の3本でハイハイ(義足は引きずる感じ)で上手く通り抜けたりして、心配無用だった事がよくあります。普通だったら何の心配もいらない大した事ない障害物なのですが、昔はよく義足がひっかかってたなぁと思うと、足の扱いが上手になったなぁとしみじみ思いました。義足を付けた時、つけていない時、どちらの足技も自然と身に付くものですね。

下の写真と動画は、義足を付けてトンネルをくぐった時と、義足なしでボールをよけた時のものです。どちらも2歳7~8ヵ月位のときです。

トンネル1 トンネル2



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamutomogisoarti.blog.fc2.com/tb.php/149-edd1a5a7

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。