プロフィール

tamutomo

Author:tamutomo
娘(2007年生まれ)・息子(2010年生まれ)の2児の母です。息子は太ももに絞扼輪(くびれ)、膝関節以下形成不全で生まれました。8ヵ月の時に絞扼輪(前半分)の形成手術、11ヵ月の時に絞扼輪(後半分)の形成手術・膝関節離断手術を受け、大腿義足ユーザーになりました。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「教えてもらえて助かりました」と保護者から言われる

9月から始まる幼稚園のプレの保護者会がありました。以前、息子の足の事に気付いた2歳の子がいたので、幼稚園だけじゃなく、各ご家庭でも息子の足について共通の説明内容だと助かるなと思って、他の方は名前だけの自己紹介でしたが、私は補足説明をさせて頂きました。

息子は生まれつき足が形成不全で義足をつけている。階段の上り下り等が遅くて迷惑かけるかもしれないが宜しく。気付く子、気付かない子いると思うが、「なんか変な足の子がいた」と子供から言われたら「あの子は、お母さんのお腹の中で怪我して、足がないから、工場で作ってもらった足をつけている」と説明してもらえると助かる。という内容です。

私が説明している間、保護者の方皆さんが、うなずいたり、私の目を見て真剣に聞いて下さったりして、とても温かく受け入れて下さったように感じました。人前で話す事に緊張していたので、ちゃんと伝わったかしら。。とも思っていたのですが、保護者会が終了した時に、隣に座っていた方が「教えて下さって助かりました。」と言って下さいました。やっぱり説明して良かった。

きっと皆さん、突然子供から「変な足の子がいた」と言われたら、どう返して良いか悩むものだと思います。事実確認ができなければ、多分「そんな事言わないの!」という返しが多いんじゃないかしら。だから、きっと予め情報や子供への説明方法を伝えると「助かる」と思って頂けるのかもしれませんね。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamutomogisoarti.blog.fc2.com/tb.php/145-4653c9e5

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。