プロフィール

tamutomo

Author:tamutomo
娘(2007年生まれ)・息子(2010年生まれ)の2児の母です。息子は太ももに絞扼輪(くびれ)、膝関節以下形成不全で生まれました。8ヵ月の時に絞扼輪(前半分)の形成手術、11ヵ月の時に絞扼輪(後半分)の形成手術・膝関節離断手術を受け、大腿義足ユーザーになりました。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ママが紐食べちゃったんじゃない?

息子が通う幼稚園の子供達に、義足の事や足の事をどう説明したら分かり易いか、お姉ちゃんで実験してみました。お姉ちゃん5歳6ヵ月、息子2歳7ヵ月のときです。

ちょっと詳しく「ママのお腹の中に紐が落ちてきて、それが足に巻きついて、足を怪我してしまった。」と言うと「分かった!ママが紐食べちゃったんじゃない?」と言われました。なんか、この説明だと、私のせいみたいな捉え方をしてしまいますね。

やっぱり紐の事は言うのをやめて、「ママのお腹の中で足を怪我してしまった。それは治らない怪我で、そのままだと歩けないし、工場で作った足もつけられないから、病院で怪我した部分を切ってもらった。どうして怪我をしてしまったかは、誰にも分からない。この説明なら小さい子でも分かるかな?」と聞くと、「分かる」と言ってくれました。

とりあえず息子を含め、幼稚園の子供達へは「工場で作った足」「お母さんのお腹の中にいた時に怪我した」「原因は誰にも分からない」「病院で足を切ってもらった」をポイントに説明してみて、様子をみようと思います。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamutomogisoarti.blog.fc2.com/tb.php/144-68590c5a

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。