プロフィール

tamutomo

Author:tamutomo
娘(2007年生まれ)・息子(2010年生まれ)の2児の母です。息子は太ももに絞扼輪(くびれ)、膝関節以下形成不全で生まれました。8ヵ月の時に絞扼輪(前半分)の形成手術、11ヵ月の時に絞扼輪(後半分)の形成手術・膝関節離断手術を受け、大腿義足ユーザーになりました。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2歳児が息子の足を覗きに来る(息子2歳7ヵ月)

幼稚園のプレの体験に参加したとき、素足で運動をするという時間がありました。息子も他の子供達に混じって、両足の靴下を脱いで運動に参加して、さぁ皆靴下・上履きを履いて教室に戻りましょうという時間に、一人の2歳児と思われる男の子が自分の靴下を履くのも忘れて、親元から離れて、わざわざ息子の足を覗きにきました。1.5mくらい離れた所から、おじぎをするような姿勢で息子の足部を暫くじーっと見つめていたのですが、結局何も言わずに去って行ってしまったのでした。

多分「何だろう?」と確認しに来たのだと思うので、私も「工場で作った足」と説明すれば良かったのですが、ちょっと遠くにいたし、私も息子に靴下を履かせていたので、タイミングを逃してしまって、説明してあげられませんでした。

お家に帰ってから息子の足が話題になっていたかもしれませんね。「人の足の事そんな風に言わないの!」と怒られちゃうと、その子も可愛そうだし、こちらも隠していると思われているようで気まずいので、今度、機会があったら子供達や父兄に説明しようと思います。

それにしても、2歳で気付く鋭い子もいるものですね。びっくりしました。沢山の子供達がわさわさ運動している中だったのに、すごい、すごい!素晴らしい観察力だと思いました。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamutomogisoarti.blog.fc2.com/tb.php/143-5ebf396c

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。