プロフィール

tamutomo

Author:tamutomo
娘(2007年生まれ)・息子(2010年生まれ)の2児の母です。息子は太ももに絞扼輪(くびれ)、膝関節以下形成不全で生まれました。8ヵ月の時に絞扼輪(前半分)の形成手術、11ヵ月の時に絞扼輪(後半分)の形成手術・膝関節離断手術を受け、大腿義足ユーザーになりました。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライナーの切れ端を装着して喜ぶ

お姉ちゃんライナー装着(5歳4ヵ月)

息子の3足目の義足の型取りにお姉ちゃんを初めて連れて行きました。お姉ちゃん5歳4ヵ月、息子2歳4ヵ月のときです。

お姉ちゃんは「注射するの?」とか「痛いの?」とか予めいろいろな質問を私にしてきて、実際の型取りの時には、静かにじーっと作業を見ていました。お姉ちゃんがあまりにじーっと見るので、義肢装具士さんが、ライナーの切れ端を「いる?」と聞くと、嬉しそうに「うん。」と答えて、もらって帰りました。そして、自宅に着くなりライナーを装着したがり、足がある足に筒状のライナーを履かせるのは大変でしたが、なんとか履かせて、満足げな様子でした。常日頃、息子の義足を付けたがっていたので、念願が叶ったみたいです。

飽きずにいつまで続くかな・・と思ったら、次の日にはそこら辺に放置していたので、「も~捨てていいの??」と私が怒ると、「ダメー!!」とは言うものの、付けようともせず、置き場所もなかったので、数日後にコッソリ捨てました^^; 捨てた事、未だに気付いていないので、1度装着しただけで満足したんでしょうね。飽きるのは早いものです。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamutomogisoarti.blog.fc2.com/tb.php/134-a6ac42ae

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。