プロフィール

tamutomo

Author:tamutomo
娘(2007年生まれ)・息子(2010年生まれ)の2児の母です。息子は太ももに絞扼輪(くびれ)、膝関節以下形成不全で生まれました。8ヵ月の時に絞扼輪(前半分)の形成手術、11ヵ月の時に絞扼輪(後半分)の形成手術・膝関節離断手術を受け、大腿義足ユーザーになりました。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライナーを健足側に履こうとする(1歳6ヵ月頃)

1歳半頃から「アシ」と言いながら、ライナーを靴下みたいに履こうとするようになりました。ただ、健足側なのですが。。それと、今まで義足を付ける時に、押さえつけられるのが嫌なのか逃げようとしていたのですが、「足つける?」と聞くと自分から来る時もでてきました。義足をつければ歩けることが分かるようになってきた感じです。

この頃だったと思いますが、ある日の朝、義足を履かせようと義足を手に取ったら、ソケットから息子が大好きな「機関車トーマス」の小さなおもちゃがポロッと出てきた事がありました。唯一の(?!)自分の物である義足だから安全だと思って、そこに大切なトーマスを隠したのか(いつもお姉ちゃんにおもちゃを奪い取られているので)、毎日遊びたいおもちゃだから毎日使う義足に入れたのか、ただ単に入れる穴があったからそこに入れたのか分かりませんが、ププッと笑ってしまいました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamutomogisoarti.blog.fc2.com/tb.php/13-4805402d

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。