プロフィール

tamutomo

Author:tamutomo
娘(2007年生まれ)・息子(2010年生まれ)の2児の母です。息子は太ももに絞扼輪(くびれ)、膝関節以下形成不全で生まれました。8ヵ月の時に絞扼輪(前半分)の形成手術、11ヵ月の時に絞扼輪(後半分)の形成手術・膝関節離断手術を受け、大腿義足ユーザーになりました。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校選びで学んだ事

幼稚園・小学校・中学校入学に関して個人的に調べた中で、幼稚園入園が一番ハードルが高い事が分かりました。ただでさえ運動面でも精神面でも未発達で、身の回りの事が自分でできない幼児期の事なので、義足と聞いて先方が身構えるのも、仕方ないですね。

幼稚園入園は、息子が社会に出る初めの第一歩で、まさかこんなにもめるとは思ってもいなかったので、正直面喰いましたが、この第一段階でこういう経験ができて良かったと思っています。今回の経験で沢山の事を学んで、この先、どんな事があっても尻ごみしないで、前進する自信がつきました。以下は教訓です。

■やれるだけの事をやる。
 情報収集や問い合わせ、園長や校長と話し合いの場を設けたり、息子を交えて面談したり、動画でアピールしたり、やれるだけの事をやる。泣き寝入りせずに、熱意を持って主張する所は主張する、譲る所は譲る。

■努力してもどうにもならない事はある。気持ちを切り替えて前向きに。
 やれるだけの事をやっても、どうにもならない事はある。相手がある事だから仕方がない事。それに納得できなければ、悲観的にならずに、気持ちを切り替えて他を探すなり、諦めるなり、前向きに。合う学校は必ずある。

■良い方向へ向かう為に、試練やトラブルがある。
 試練やトラブルは方向性を考え直すチャンス。それを切っ掛けに、今までの方向性が合わなかったと気付けたり、もっと合う方向が見付かったりするかもしれない。少なくとも、人間的に成長できる事は間違いない。試練がある事に感謝。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamutomogisoarti.blog.fc2.com/tb.php/126-d11419b8

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。