プロフィール

tamutomo

Author:tamutomo
娘(2007年生まれ)・息子(2010年生まれ)の2児の母です。息子は太ももに絞扼輪(くびれ)、膝関節以下形成不全で生まれました。8ヵ月の時に絞扼輪(前半分)の形成手術、11ヵ月の時に絞扼輪(後半分)の形成手術・膝関節離断手術を受け、大腿義足ユーザーになりました。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

膝が曲がる義足は大きくなってから

主治医は、膝が曲がる義足を早い段階で使い始めたほうが本人が上手に使いこなせるようになるとの考えで、息子が小さい内に膝継手をつけたかったようですが、義肢装具士さんとの話し合いの結果、膝が曲がる義足は使いこなすのが難しいことと、息子の場合、長さは完全な大腿骨の下に膝継手の部品を付けることになる為、義足側の膝の曲がる位置が健足側よりかなり下になってしまうという事で、ある程度身長が伸びて、左右の膝の曲がる位置のバランスが良くなるまで、膝が曲がらない義足を使うことになりました。息子の身長次第ですが、恐らく、膝が曲がる義足は小学生以降になるかと思います。

断端は長ければ長いほど義足が扱い易くなって良いと聞いていたのですが、片足義足の場合、膝の位置に関しては、断短が長いことがネックになることもあるんだなと思いました。ただ、見た目だけの問題なので、やっぱり、断端は長ければ長い程、良いんだと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamutomogisoarti.blog.fc2.com/tb.php/1-2ee62b43

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。