プロフィール

tamutomo

Author:tamutomo
娘(2007年生まれ)・息子(2010年生まれ)の2児の母です。息子は太ももに絞扼輪(くびれ)、膝関節以下形成不全で生まれました。8ヵ月の時に絞扼輪(前半分)の形成手術、11ヵ月の時に絞扼輪(後半分)の形成手術・膝関節離断手術を受け、大腿義足ユーザーになりました。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストライダー(3歳1ヵ月のとき)

1歳のお誕生日プレゼントに買ってもらったストライダー。「倒れるから嫌」と言って、ずっと乗っていなかったのですが、お友達が乗っているのに興味を持ちだして、2歳11ヵ月の時に練習し始めました。

この年代だと、普通は、2~3回練習すれば、それなりに乗れるようになるようですが、息子の場合は、最初はサドルに座る事もできず、跨って歩いているだけ。そんな状態が結構長く続きましたが、それでは歩くよりスピードが遅いので、ストライダーに乗っている他のお友達に全く付いていけないんですね。それで、少しずつ進歩しまして、サドルに腰かけて両足を地面に付けた状態で漕ぐ(歩く)→バランスを取って片足で漕ぐ という感じになりました。

片足で漕げるようになったのは、2ヵ月後(週1~週3の練習)、3歳1ヵ月のときです。以下がその時の動画です。



けど、片足で漕ぐスピードでは、やっぱり他のお友達には付いていけないんですけどね。ストライダーって両足でビュンビュン漕げば自転車並みにスピード出ますものね。でも、お友達もずっと走り回っている訳ではなく、どこかで止まったりするので、その時に追いついたり、「連結~」と言って汽車みたいに皆で一列になってストライダーを漕いだり(自然とスピードはゆっくりめ)、それなりに一緒に遊べています。





スポンサーサイト

ターザンロープ(2歳9ヵ月)

過去に遡りますが、2歳9ヵ月のときに公園のターザンロープで遊んだ時の動画です。つい最近の事のように思えましたが、もう1年も前の出来事でした。時が経つのは本当にあっという間ですね。



↑お姉ちゃんが息子の年代の時は、ロープにしっかり掴まっていられなかったり、足もロープをしっかり挟んでいられなくて、途中でおしりが落ちてしまったりしたような気がしますが、息子は安定感があります。腕も足も、お姉ちゃんより筋力があるんでしょうね。こういう、しがみ付く系の遊具は、お姉ちゃんより息子の方が得意です。



↑これもお姉ちゃんが苦手だったターザンロープ状のシーソー。何故がお姉ちゃんがこれに乗ろうとすると、ボールが逃げてしまって、なかなか座れないのです。お姉ちゃんが下手くそなのか、息子が上手なのか、よく分かりません^^;


プールでの義足脱げ落ち対策

プールに入ると義足がライナーごと脱げてしまうトラブルの対処法を考えました。

ライナーにテーピング

↑ライナーの履き込み口から水が入るのを防げば脱げなくなるので、市販の筋肉サポートテープで履き込み口を塞いでみました。

これなら、ほぼ完全防水で、テープの粘着力もあるし、ライナーは脱げないはず!と思ったのですが、息子が嫌がりました^^; テープに伸縮性はあるのですが、何か張り付いてる感じが嫌みたいですね。これならいけると思ったのですが、残念・・

次回は、左のリンク先にもあるchunさんに教えて頂いた、ライナーを外側から伸縮性のあるバンドで締めつけながら巻くという方法を試してみたいと思います。今の所、プールに入る予定が無いので、来年になるかもです。



プール(3歳7ヵ月のとき)

夏休みに何回かプールに入りました。今まで、深くても太股くらいまでの水深のプールしか入ったことが無かったので、肩までの深さのプールに入るのは今年が初めて。

息子はまだ泳げないし、潜れないし、というかそれ以前に、溺れるっていう事を知らないし、鼻に水が入ったら痛くなる事も知らないし、なんかな~んにも知らないので恐怖心も生まれず、プールの深い方に入って楽しんでいました。こっちは目が離せないから大変なんですけどね^^;



上の動画のとおり、浮き輪の穴に腕を通して上半身を出す事を嫌がって、穴から頭を出すだけ・・。前が見にくいだろうに・・。こけたら普通に沈むし・・。実際、うっかり目を離した隙に体勢を崩して一瞬ドップリ沈みました^^; その後、数分間水に入るのを嫌がりましたが、またすぐに復活。懲りずにまた浮き輪から頭だけひょっこり出して歩いていました。浮き輪の意味なし。ちゃんと浮き輪を使ってくれたら少し安心なんですけどね。。。

水中を歩く動作ですが、つかまる所がある時は義足は浮かせてケンケンで進む感じで、つかまる所が無い時は義足はバランスを取るのに使う程度でギャロップで進む感じでした。義足は浮いてしまうのか、わざと自分で浮かせているのか、水流に持ってかれてあんまり底に着けないのか分かりませんが、水中ではあんまり活躍していない様子。きっと泳げるようになったら義足無しの方が動き易いんでしょうね。でも今の所、息子はまだ泳げないし、プールサイドを歩いたり、プールの滑り台に上る時には必要なので、本人も最初は義足つけて入っていたのですが、途中で「かゆい」とか「なんか変」とか言い出して、プールサイドに上がって自分で義足を取ってしまいました・・。

もう唇も青くなってたし、雨も降ってきたので、そのままプール終了という事にしましたが、幼稚園での義足付け替えに慣れているせいか、人前で義足を取る事、本人は今のところ全っ然気にしていないみたいです。「え!ここで取るの!?」と逆にこっちがヒヤヒヤしますけどね。まぁその時は、旅先のホテル内の小さなプールで、お天気も悪かったせいか他に利用者が居なくて、特に気になりませんでした。

その後、別の機会にプールに入った時も、途中で「足が入らない」とか「足が取れそう」とか言い出しました。「じゃ、一回上がろう」と言うと「やっぱり大丈夫、取れそうじゃない」と言い張って出たがらなかったのですが、歩く度に義足からズリッ、ズリッとこすれる音がして普通ではない状態である事は確かだったので、あの手この手で何とか説得して更衣室に戻ろうとプールサイドを歩いていた所、遂に義足がライナーごと脱げてしまいました。

そこは芋洗い状態の混んでいるプールだったので、「げ!取れた!こんな所で!!」と内心ドキっとしましたが、意外と周りは自分の遊びに夢中で気付かなかった様子。脱げた義足を片手に、息子を抱っこして、急いで更衣室に戻りました。

更衣室では、いつもの事ですが、熱い視線は感じますね。親元を離れて覗きにくる子も居る位。でも更衣室だと注目を浴びても意外と気にならないんです。何ででしょうね。外で義足が取れると「げっ!!」って思うのに、更衣室で義足を取る時は「あーはいはい、どうぞどうぞ、見たい人どうぞ」みたいな感じ?慣れかしら。まぁ周りにいる人数も屋外と更衣室じゃ違いますけどね。

息子は今の所、な~んにも気にしていない様子。私も大事でないように装っていたというのもありますが、「足取れちゃった、大変、大変!」と言うと、「タイヘン、タイヘン!」とキャッキャッ喜んでいました。まだ3歳。そんなものですね。

プールで義足が取れてしまうことの対策に関しては、また別の記事で。






靴下を履く(3歳6ヵ月のとき)

息子の靴下の履き方のご紹介です。

リアルソックスを指股つきにしてから、どうも靴下を履くことが難しくなってしまったので、幼稚園の靴下は、義足側だけ以下のように足首のゴムを抜いて、ゆるゆるの靴下に加工しました。

靴下加工(3歳4カ月)1

靴下加工(3歳4カ月)2
↑足首部分の裏地。分かり易くゴムに楊枝を通しました。このゴムをハサミで切って抜き取ります。

靴下加工(3歳4カ月)3
↑ゴムを抜くと見た目ではあまり変わりませんが、ゆるゆる、ダルダルの状態になります。健足でこれを履くと、ずり落ちてきて、すご~く履き心地悪いと思います。

靴下加工(3歳4カ月)4
↑右がゴムを抜いていない健足用、左がゴムを抜いた義足用。

履き方は以下です。

靴下ロールアップ
↑本人も幼稚園の先生も分かり易いように、義足側の靴下には「ひだり」と書きました。そして、足先だけちょこっと出るように足首部分をロールアップ。ここまでは準備してあげています。履き方動画は以下です。



今の所、このゆるゆる靴下であれば自分で履けますが、他の靴下はフィット感が強すぎて自分では履けません。というか、「できな~い」と鼻っから履く気がありません。。でも、こんな風に足首に分かり易いゴムを通してある靴下って、白以外あんまり見た事がないので、他の靴下に関しては、本人のやる気と、手先が器用になることと、握力?の発達を待つしかないかなと思っています。





 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。