プロフィール

tamutomo

Author:tamutomo
娘(2007年生まれ)・息子(2010年生まれ)の2児の母です。息子は太ももに絞扼輪(くびれ)、膝関節以下形成不全で生まれました。8ヵ月の時に絞扼輪(前半分)の形成手術、11ヵ月の時に絞扼輪(後半分)の形成手術・膝関節離断手術を受け、大腿義足ユーザーになりました。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

義足の不具合を自分から言えるようになる(3歳4ヵ月~)

4足目義足完成の記事で書き忘れましたが、今まで断端が痒いと言う事はあっても、ソケットの適合に関しては、仮合わせの時も、最終調整の時も、痛みや違和感を自分から言うことが無かったので、主治医からたま~に調整が入る位で順調に納品まで漕ぎ着けていたのですが、今回初めて、自分から違和感を申し出てきました。3歳4ヵ月のときです。納品後、日常生活で1回使ってみてからですけどね。。欲を言えば、最終調整の時に気付いて言ってくれればという所ですが、まぁ後からでも自分で不具合に気付いて言ってくれるようになっただけでもすごい進歩です。

今回息子が申告してきた不具合は、内ソケットの前側の内側部分が一部ライナーからはみ出ていて、直に肌に当たっていた事。義足が納品された日に早速新しい義足で外に遊びに出たら、素人の私が見ても変な歩き方をしていて(義足を前に出さずに、ギャロップみたいな、義足を引きずるみたいな歩き方)、「普通に歩いていいよ~」と声を掛けると、「ここがぶつかるの~」と言ってきました。遊びたい一身で我慢していたみたいですが、歩き方でバレバレ。とりあえず無理やり家に引き返し、元の義足に履き替えてまた外に出ました^^;

後日、義肢製作所にて内ソケットのはみ出ている部分を削って頂いて、不具合は無くなりました。

その後も、プールで義足が脱げそうになった時に、「足が入らない、取れそう」と言ってくれるようになったり、何だか義足に関しては頼もしくなりました。プールの事はまた別の機会に。



スポンサーサイト

ライナー不良品

ライナー破れ2(2014.7月)

ライナー破れ1(2014.7月)

上の写真の通り、今回プール義足用に支給されたアルファ スピリット ライナーが不良品で、1回使っただけで脇の縫い目に沿って裂けてしまいました。朝の取り付けは問題なくできて、いつも通り幼稚園で遊んだり運動したりプールに入ったりして、担任の先生に日常義足への付け替え(ライナーも付け替え)をして頂いて、帰宅して荷物の中の使用済みライナーを取り出したら既に破れていたので、いつ、どんな状況で破れたのか詳細は分からず、担任の先生も破れには気付かなかったとの事。息子だけでなく、他にも同じように裂けたという事例があるそうなので、このシリーズ(息子のはロゴの色がオレンジ)は不良品だったようです。という訳で、無償で交換して頂きました。

と言っても、メーカー側が原料の配合を変えたり何なりで新しいものが届くまでに3週間位かかりました。息子は予備のライナーを持っていたので大事には至りませんでしたが、手持ちのライナーがこれ一本しか無い状況だったら大変な事ですよね。やっぱり、予備って必要です。

そもそもこのライナー、最初手に取った時から何となく今までのよりペラペラしているな・・、というか息子が義足を使い始めてからというもの、リニューアル?(ライナー表面のロゴの色が変わる)度に、どんどんペラペラしていくような感じがしたのですが、断端が長くなってライナーの長さも長くなったから柔らかく感じるのかなぁと思ったり、息子の断端は脂肪たっぷりだからペラペラの方が都合が良いかもと思ったりで気にしていませんでした。が、遂に不良品が出たという感じですね。いや、この破れの原因がペラペラかどうか分かりませんけどね。

何だかこのライナー諸事情により一旦販売中止になったそうで、販売再開した途端に不良品。直接肌に当たる物だし、販売中止って何か良くない材質だったのかと気になって、調べました。

Willow Wood社のホームページによると、2013年1月~ジェルの原料を変えた改良ライナー発売開始、2013年11月に特許違反を理由に連邦裁判所から販売中止を命じられる、2014年4月~別の原料を使う事で販売許可が降りて販売再開
という事だそうです。(間違っていたらごめんなさい^^;)

な~んだ特許の問題か、とちょっと安心。Willow Wood社、ライナーの使い心地が良くなるよう色々改良されているようで、これからも頑張って下さい!と思った次第です。まぁでも、販売中止を命じられて元の配合に戻したとは書いて無かったので、急いで新しい配合を開発したんでしょうね。急いだせいで不良品かなぁ、、まぁ私が原因考えても仕方ないか。

それで、交換して頂いたライナーは、不良品だった物よりペラペラ感が減ってしっかりしていて、ズシっと重く感じるというか、少し前のシリーズに戻ったような感じで良さそうです。ロゴの色も前と同じ青緑みたいな色でした。とりあえず、今回は大事に至らず、良かった良かった。




 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。