プロフィール

tamutomo

Author:tamutomo
娘(2007年生まれ)・息子(2010年生まれ)の2児の母です。息子は太ももに絞扼輪(くびれ)、膝関節以下形成不全で生まれました。8ヵ月の時に絞扼輪(前半分)の形成手術、11ヵ月の時に絞扼輪(後半分)の形成手術・膝関節離断手術を受け、大腿義足ユーザーになりました。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プール用義足1足目(3歳6ヵ月)

遅くなりましたが、プール用義足のご紹介です。

プール義足1足目3

左がプール用義足、右が日常用義足。プール用と言っても、泳げるように工夫されている訳ではなく、強度的に強くしている訳でもなく、完全防水という訳でもなく、ただ金属をなるべく少なく作ったという感じです。構造としては、日常用義足は長さ調節がし易いように脛の所に金属の芯?パイプ?が入っている(骨格構造)のに対して、プール用にはそれがなく、ソケットから足首まで樹脂で作られていて(殻構造)、その先に足部がネジ留めされています。足首と足部の間にコネクタという部品を入れれば長さも長くできるので、幼稚園の夏季プールが終わった後も、習い事のプール等で使えたり、日常義足のスペア義足としても使えると思います。けどコネクタは5mmとか、1cmとかの小さな部品なので、あんまり沢山入れすぎると回転してしまったりと強度的に問題がある為、4~5cm長くするのが限界との事でした。まぁでも、4~5cm足が長くなる頃には、新しい義足を作るタイミングになっていると思うので、その程度で充分かなと思います。重さは、殻構造のプール義足の方が、少し軽いです。

下は脛以下のアップ写真。

プール義足1足目4

日常用義足にはリアルソックスを被せていますが、園庭の砂利で破れてしまう恐れがあるので、プール用義足にはリアルソックスは使いませんでした。なので、プール義足の足首部分(足部との繋ぎ目)は透明のビニールテープを巻いて防水しています。

足の裏はこんな感じ。

プール義足1足目2

プール義足1足目1

足裏のネジ穴に入れてあるスポンジを取ると露骨にネジがありますね。このスポンジは、濡れても入れっぱなしで自然乾燥で良いとの事。多分、スポンジを入れていてもネジまで水は浸入していると思われますが、その程度の水濡れは多分大丈夫との事でした。幼稚園で10回以上プールに入りましたが、今の所、ネジは錆びていません。

このプール用義足は、普通に日常用としても使えるので、息子の使い方としては、プールがある日(7月から毎日)は朝からこの義足をつけて登園し、いつも通り幼稚園で体操やら外遊びやらをやって、プールに入った後、着替える時に、担任の先生にビショビショのプール義足を日常用義足に取り替えて頂くという感じでした。

義足の付け替えは、毎回私が補助に行く覚悟でしたが、担任の先生自ら引き受けて下さり、本当に本当に感謝です。担任の先生に付け外し方法を実演を交えてご案内する際に、一つだけお願いした事は、他の子供達の保育に差し支えなければ、義足の付け替えを別室ではなく、同じクラス内で行って欲しいという事でした。もちろん、他の子供達が自分の着替えそっちのけで覗きに来てしまって皆の着替えが遅れて保育の邪魔になったり、大騒ぎになったりという事であれば別室で良いとご連絡したのですが、小学校では限られた時間の中で移動も着替えも義足の付け替えも自分でしなければならなくて、コソコソ人目を気にしながらやっていたら遅れてしまって本人が余計に辛くなるだろうし、それ以前に息子の義足付け替えの為の別室なんて用意されていない可能性もあるので、息子には義足の付け外しに関して、別室で周りに見られないようにするのが当たり前と思って欲しくないというか・・、人前で義足を取る事に抵抗を覚えて欲しくないというか・・、変に隠す事なく、ありのままを出せる子になって欲しい・・という思いがあったので、なるべく同室でとお願いしたのでした。そうは言っても、義足を取るのが恥ずかしいと思う年頃も、きっとあるんだと思いますけどね。その時はその時で気持ちに寄り添って、力になってあげようと思いますが、とりあえず何の免疫も抵抗もない今の息子にとっては、義足の付け替えは洋服の着替えと同じ感覚というスタイルが良いのかなと思いました。

そんな感じで、3週間弱、プール用義足を使い続けた使用感ですが、プール用義足としては申し分ない、スペア義足としても問題ない、けどメイン義足にするには物足りないという感じです。何故かというと、

プール義足1(樹脂傷2) プール義足1(樹脂傷1)

上の写真で分かるかしら。。脛の樹脂の部分が傷だらけになってしまうのです。3週間弱の使用でこの傷ですから、1年も使ったら相当ボロボロになりそうですね。何がどう当たって傷になってしまうのか分からないのですが、左の写真は脛の後ろ側で、猫に引っ掻かれたみたいな細かい傷。右の写真は脛の内側で、2箇所結構ゴッソリえぐれています。

それと足部も。

プール義足1(磨り減り1)

プール義足1(磨り減り3)

足部の磨り減りは、恐らく幼稚園の裸足保育によるダメージかと思われますが、使い始め初日から足裏のつま先部分に気泡みたいな穴が出現して、「あれ、こんな穴あったっけ??」と思っている内に、どんどん磨り減っていったという感じです。足部表面が磨り減ると何故か気泡が出現するみたいですね。初日から気泡なんて、足部の材質、意外と弱いですね、、リアルソックス履かせていた方がまだマシかも!?

あとは、何かの拍子に脛がどこかにぶつかって「ッコーン」と打撲音を出すので、頭を打ったのかと周りの皆がびっくりする。

殆ど樹脂で作られていて硬い部分が多いので、お友達を怪我させる可能性が高くなりそう。

樹脂の脛が太いので、見た目的に健足とアンバランス(義肢装具士さんにお願いすれば細く作れるかも!?)。

この位でしょうか。いずれにしても、プール義足やスペア義足として使用するのであれば問題ないので、満足しています。

補足ですが、今回、日常義足とプール義足の作成時期がたまたま重なったのですが、義足作成費用の自己負担額(上限の37,200円)は、1足につき請求されるものではなく、1ヵ月間の上限額なので、今回2足作ったにも関わらず37,200円だけの負担で済みました。最初それを知らなくて、今月は37,200円×2足分の出費か・・と覚悟していたので、なんか得した気分になりました。日常義足とプール義足の作成タイミングをうまく合わせられると助かりますね。なかなかそう上手くはいかないかな。。。



スポンサーサイト

4足目完成(3歳4ヵ月):見た目を変更

義足4足目1

4足目の義足の紹介です。上の写真で、左が旧義足、右が新義足です。構造は今までと変わらずですが、以下3点を変更しました。

 1.リアルソックスを指股つきにしました。中の足部は旧義足でも指股つきだったのですが、リアルソックスに関しては今までのサイズでは指股つきの作り自体が無かったので、今回初めてです。
義足4足目2

義足4足目3

義足4足目4

上の写真のとおり、指股をつけただけで、すごいリアル。足首のしわの感じとか、足の裏までしわ加工されていて、芸が細かいですね。ソケットが隠れるズボンを履いていたら、パット見では義足だと分かりません。

こんな感じで見た目は良くなったのですが、難点は、下の写真のとおり、前の義足よりつま先が幅広になってしまって、つま先の形も今までみたいになだらかなカーブではなく、各指の凹凸がある為に、靴下や靴が自分で履けなくなってしまった事。
義足4足目5

せっかく履けるようになったのに、また振り出しに戻ってしまいました。特に靴下は、今までの履き方(健足と同じ普通の履き方)で履こうとすると、新品のリアルソックスの滑りが悪い上に、指先の凹凸のどこかに靴下が引っ掛かってなかなか通らず、苦戦。いろんな履き方を試し、幼稚園の先生からもアドバイスを頂きながら、息子の履き易いやり方を見つけました。その履き方はまた別の記事でご紹介したいと思います。靴に関しては、履き方は今までと同じですが、つま先が幅広になった上に足部サイズも1cmアップしているので靴がきつくなっていて(サイズを替える程ではない)、靴のかかとを引っ張る指の力が今までより必要になった感じです。そんな訳で新義足完成後、一旦振り出しに戻った靴・靴下作業でしたが、3週間くらいしたら靴が再び自分で履けるようになり、1ヵ月半後くらいから靴下が再び履けるようになりました。この年代は、義足のちょっとした見た目の変更でも、身支度がやり難くなったりでデリケートですね。。

もう一つの難点は、以前記事に書きましたが、この幅広なつま先のせいか、ハイハイの姿勢で移動する時に親指を床にこすってしまって、完成から1ヵ月半でリアルソックスに穴が開いてしまった事。詳細はこちら→「リアルソックスに穴が開く」をご参照下さい。

今回、リアルソックスを指股つきにしたのは、七五三(5歳のとき)に足袋や草履が履けたらいいなと思って試してみた感じなのですが、リアルソックスの厚みもあるので、親指と人差し指の間はかなり狭く、鼻緒は引っ掛ける程度しか入らなそう。それに、たったの1ヵ月半で穴が開いてしまって、強度的に問題ありなので、草履は諦めて次回は指股なしのリアルソックスに戻してみようかなと思っています。足部は指股つきなので、草履を履く時だけリアルソックスを取っても良いですしね。再びリアルソックスを付ける時は自力では無理で、義肢装具士さんにお願いしないといけないからちょっと面倒ですけどね・・。

 2.もう一つの変更点は、下の写真のとおり、外側脇のマジックテープの長さを短くして頂いた事。
義足4足目6

これが長いと息子はズボンを履く時に引っ掛けてしまって、ズボンに変なしわが寄っているなぁと思ったら、マジックテープが半分くらいはがれてズボンの方に接着されていたという事が何度もあったので、強度的に問題がない程度に短くして頂きました。これで大分ズボンを引っ掛けずに履けるようになりました。

 3.最後の変更点というか、元に戻した点ですが、上に同じく外側脇のマジックテープに関して、前の義足はズボンやパンツの脱ぎ履きがし易いように金具ループを取って折り返し無しで留める方式にして頂いたのですが(詳細はこちら→「義足とトイレ」ご参照下さい)、上記の通りマジックテープを短くしたので、強度が出るよう金具ループ有り(折り返し留め)に戻して頂きました。今はもう、金具ループ有りでも問題なくズボンやパンツの脱ぎ履きができます。


こんな感じで、息子の成長に伴ってマイナーチェンジしてみたり、また戻してみたり、今の所まだ思考錯誤してます。きっと、それぞれのユーザーさんで着目ポイントが違うんでしょうね。義肢装具士さんも色んな要望に応えなきゃならないから大変ですね・・。でも仕上がりが気に入らないから使わないっていう訳いかないし、一回作ったら早々に変更できない物なので、いろいろと相談しながら、その時、その時でベストの物が出来上がると良いですね。


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。