プロフィール

tamutomo

Author:tamutomo
娘(2007年生まれ)・息子(2010年生まれ)の2児の母です。息子は太ももに絞扼輪(くびれ)、膝関節以下形成不全で生まれました。8ヵ月の時に絞扼輪(前半分)の形成手術、11ヵ月の時に絞扼輪(後半分)の形成手術・膝関節離断手術を受け、大腿義足ユーザーになりました。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩場を歩く(3歳1ヵ月)

ゴツゴツした岩場を歩くとき、こけて頭を打つのが心配で、今までは必ず傍で付き添っていましたが、3歳前後から遠巻きに見守っていても大丈夫な位、上手にバランスを取れるようになりました。スタスタとはいきませんけどね。この岩場で鬼ごっこをしている子供達をたまに見かけますが、息子はさすがにそれは無理かな。でも山登りを楽しむ程度ならこの動きで充分。

スポンサーサイト

ブリッジ(2歳10ヵ月)

息子が通っている親子体操教室では、まだブリッジを習っていませんが、お姉ちゃんの幼児体操教室ではブリッジをやっていて、お姉ちゃんの真似をしたかったのか急に自宅で息子がブリッジをしだしました。2歳10ヵ月のときです。

頭が宙に浮くか浮かないか微妙な所ですが、2歳児としては上出来かな。多分、普通の2歳児よりは腕の力があるからかなと思います。ブリッジの時、義足はバランスを取る程度にしか使えないので、健足1本でがんばって踏ん張っています。体は特別硬い訳でもなく、特別柔らかい訳でもない、普通の柔軟性ですが、義足幼児ならではの筋力が鍛えられて、自然とこんな動きができるようになるものですね。





一人サッカー(2歳6ヵ月)

2歳6ヵ月のときに、ボールを蹴って遊んでいる動画です。右利きのせいか、義足を軸にして、健足で蹴っています。

丸太の橋渡り(2歳5ヵ月のとき)

2歳5ヵ月のときに、丸太の橋みたいな遊具を渡った記録動画です。健足を軸足に、義足を次の丸太に踏み出すという感じですね。丸太がゆらゆら揺れるから、やっぱり健足の方が踏ん張り易いんでしょうね。

将来の夢は「会社に行くこと」(3歳1ヵ月)

お姉ちゃんの幼稚園では、お誕生日会の時に誕生月の子供達が「大きくなったら何になりたいか」を発表するという行事があって、お姉ちゃんは今まで「○○プリキュアになりたい」という夢を発表していたのですが、年長になった今年から「モデルになりたい」に変わりました(アイカツというアニメの影響で・・)。

そんな将来の夢の話をお姉ちゃんとしていたら、お姉ちゃんが息子に「大きくなったら何になりたい?」と質問し、息子は一丁前に「大きくなったら会社に行きたい。お父さんみたいに。」と答えて、思わず笑っちゃいました。

その夢ならきっと叶うよ。とりあえず今の所、大好きな戦隊ものでもなく、サッカー選手や野球選手でもないみたいで、というかまだそういう職業の存在を知らないか。。義足でも、スポーツ選手になりたいという道を通るのか、それとも最初から諦めてそんな夢を持たないのか、どうなんでしょうね。息子がどんな夢を持つか、どんな風に夢が変わっていくのか、恐らくその時気に入っているアニメの影響が大きいのかなと思いますが、楽しみです。

「足速くなりたい」「大きくなりたい」と言う(3歳1ヵ月)

最近「足速くなりたい」と言い出しました。幼稚園では毎朝ランニングの時間があるので、その影響かなと思うのですが、以前保育参観に行った時には、皆がランニングしている中、一人歩いたり立ち止まったりして全く走る気がなく、お友達と遊んでいる時に「よ~いドン!」と競争する時も、途中で諦めて歩いてしまっていたので、走る事はもう諦めているのかなと思っていたのですが、いちおやる気はまだあったようです。

それと息子のもう一つの願いは「大きくなりたい」。どうやらお友達から「チビ」と言われたよう。お姉ちゃんは背が高い方なのですが、息子は小さい方で、しかも立つ時は義足の長さに合わせて健足は曲げた状態で立っているので、義足の長さを変えない限り直立時の身長が変わりません。

そこでパパから息子へアドバイス。「沢山走ったら早くなる」「お肉沢山食べたり牛乳沢山飲んだりしたら大きくなるし、足も速くなる」。苦手意識は走る事とか運動面位に留めておきたい所ですが、私達夫婦ともに背が低い方なので、息子の「大きくなりたい」という願いが叶うか微妙な所です。とりあえず、食事に気をつけて、よく運動させる位しか親として出来る事はないかしら・・。

ママからのアドバイスは「遅くても頑張ればいいんだよ」。お友達と競争している時も「まだゴールじゃないよ!最後まで走って!」と声かけたりしているのですが、なかなかモチベーションを上げるのは難しいですね。多分、走る事に関して既に苦手意識が芽生えてしまっているのかなと思うのですが、こればっかりは努力しても皆と同じ速さになる事は難しく、仕方が無いことです。でも、これから先、幼稚園・小学校・中学校と走る機会が沢山あるはずなので、卑屈にならずに「自分のペースでいいんだ」という風に考えてくれたらいいなと思います。でも最近、3歳すぎたあたりから大分足が速くなりました。前はギャロップみたいな動きの方が早かったのですが、最近は走る動きの方が早くなりました。動画が撮れたらアップしてみたいと思います。

そして、ママからのもう一つのアドバイスは「おやつばっかりじゃなくて、ご飯ちゃんと食べたら大きくなる」。「これ食べないと大きくなれないよ」は嫌いなものを食べさす時に適時使って重宝しています。使いすぎると効力がなくなりそうなので要注意ですけどね。

それから、ママからもう一つ。「沢山歩くと大きくなる」。幼稚園プレに通い始めの頃、がんばって歩かせて、といっても途中で抱っこしたり降ろしたり、話しかけたり歌ったりして気を紛らわしたり、葉っぱとか木の枝、石を持たせて歩くモチベーション上げてみたり、最終兵器はハイチュウを食べさせて元気が出たから歩こうと言ってみたりして、10分位で着く所を20分以上かけて歩いていたのですが、寒くなってから抱っこ抱っこで、降ろすと座り込んでテコでも動かなくなり、とうとう自転車を使うようになってしまいました。地面に足が着地した時に足裏から伝わる衝撃が多い程、足の骨が伸びると聞いたので、沢山歩かせて骨を伸ばしたい所ですが、どうも息子は歩くのが嫌い。というかお姉ちゃんも嫌い。二人とも歩くとすぐ「疲れた」と言う癖に、公園に着くとよく遊びます。疲れてないじゃん!!という訳で4月の幼稚園入園後は、お姉ちゃんの小学校とも方向が一緒なので、お姉ちゃんにも協力してもらって、3人で歩いて登園する事にしたいと思います。恐らく道草食ったりトボトボ歩きになったりだと思うので、早めに家を出ないといけませんね。

「足硬いから石みたいって言われちゃうよ?」と言う(3歳)

3歳のお誕生日を迎えて数日経った日の事。幼稚園ももう冬休みに入っていたので朝起きてすぐには義足をつけずに過ごして、そろそろ付けてあげようかなと「足つけよっか」と声をかけると、「足硬いから石みたいって言われちゃうよ?」と言ってきました。

多分お友達が何気なく「石みたいだね」って言ったんだと思いますが、息子は意外とそいういう発言を覚えているタイプのようで。。これから先、もっともっと色んな事を言われると思いますが、そんな事いちいち気にしていたらキリがないので、「硬くたっていいじゃない!この足がないとジャンプだってできないよ。トランポリンもできないよ。これが○○君(息子)の足なんだから、これでいいんだよ。」と言うと「うん」と言ってすんなり義足をつけてくれました。

大きくなるにつれて、主に小学校時代かなと思うのですが、同級生、上級生、下級生、そして見ず知らずの通りすがりの子供達からも、いろんな事を言われる事があるのかなと思いますが、一つ一つ乗り越えていくしかないですね。今はまだ私に話してくれるから良いですが、思春期になって一人抱え込む時期もあるのかしらと思うと、同じような境遇の方々や信頼できるお友達の存在が救いになるのかなと思います。素敵な出会いがあると良いです。

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。