プロフィール

tamutomo

Author:tamutomo
娘(2007年生まれ)・息子(2010年生まれ)の2児の母です。息子は太ももに絞扼輪(くびれ)、膝関節以下形成不全で生まれました。8ヵ月の時に絞扼輪(前半分)の形成手術、11ヵ月の時に絞扼輪(後半分)の形成手術・膝関節離断手術を受け、大腿義足ユーザーになりました。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平均台(2歳8ヵ月のとき)

2歳8ヵ月のときに平均台を歩いた時の動画です。この平均台は高さが殆どありませんが、高さのある平均台でもこんな感じ。

息子は2歳5ヵ月の時から体操教室に通い始め、週1回、平均台、マット運動、鉄棒、跳び箱、トランポリンを遊び感覚で教えて頂いています。平均台は最初、横向きに歩くカニ歩き(健足を横に振り出してから義足を添える感じ)でしか渡ることが出来なかったのですが、1ヵ月もしない内に前向きで歩くことが出来るようになりました。でも誰かに手を繋いでもらわないと怖いようで、まだ一人では渡れません。下の動画のような殆ど高さのない平均台や真っ直ぐの平均台でも頑なに一人で歩こうとしないので、本人の心の準備ができるまで待つしかないですね。

平均台やマット運動、鉄棒、跳び箱は、他の児童とそれ程差はありませんが、トランポリンに関しては最初かなり苦戦していました。それに関してはまた後日アップします。

体操教室に関しては、大手のスポーツクラブと個人で運営している体操クラブ、両方体験に行ったのですが、大手の場合は幼児期(未就園児)の親子体操であれば受け入れ問題なしだけれど、親の付き添い無しになる幼稚園児からの体操教室参加に関してはまた別途相談しましょうという感じでした。それに対して、個人の体操クラブは親子体操も幼稚園児からの体操教室もどちらも受け入れに問題なしでした。もしかしたら難しい動きは一人別メニューをやってもらうかもしれないけど、是非同じ年代の子と同じ教室に参加して下さいという嬉しいお言葉を頂きました。という訳で今通っているのは個人経営の体操クラブです。

幼稚園に入ったらプールも習い始めようと思っているのですが、プールは大手のスポーツクラブしかないので、いろいろ調整が必要かなと思います。習い始めることができたら、またご報告致します。


スポンサーサイト

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。