プロフィール

tamutomo

Author:tamutomo
娘(2007年生まれ)・息子(2010年生まれ)の2児の母です。息子は太ももに絞扼輪(くびれ)、膝関節以下形成不全で生まれました。8ヵ月の時に絞扼輪(前半分)の形成手術、11ヵ月の時に絞扼輪(後半分)の形成手術・膝関節離断手術を受け、大腿義足ユーザーになりました。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

段差をジャンプで飛び降りる(2歳5ヵ月~)

段差がある所からジャンプして飛び降りたい時、最初は手を繋いであげないと飛び降りる事ができなかったのですが、2歳5ヵ月頃から本人の膝くらいまでの高さの段差であれば、一人で飛び降りることができるようになりました。階段の最後の段とか、よくジャンプして降りています。

義足は添える程度で、ほぼ健足だけで着地していると思ったのですが、砂場に着地する動画を見ると、義足が着地した所の砂だけ、ベコッと穴が空いているので、義足側もそれなりに体重をかけて使っているみたいですね。下の動画は、2歳6ヵ月のときです。


スポンサーサイト

ロッククライミング風遊具(2歳4ヵ月~)

公園の簡単なロッククライミング風遊具ですが、2歳4ヵ月頃から四苦八苦しながら登れるようになりました。殆ど健足と腕の力しか使っていませんが。もっと足を置く位置を考えられるようになれば、義足も有効利用できると思うんですけどね。下の動画は2歳4ヵ月のときです。

在園児へ義足の説明をしたとき(2歳8ヵ月)

先日、幼稚園プレの園児や在園のお兄さんお姉さん達に、幼稚園の先生から義足の説明をして頂きました。プレの園児へは通い始めて2週間目の最初で、在園のお兄さんお姉さんへは2週間目の終わりに、息子が皆の前に出て先生が説明する感じでやって頂いたのですが、息子はそれぞれ違う反応を示しました。

プレの園児達に説明した時は、説明の間、本人も「うん、うん」言って納得していたそうで、家に帰ってからも本人から義足の話題は出てきませんでした。私から「今日お友達に工場で作った足のお話した?」と聞くと、忘れてたけどそうだったみたいな反応でした。

でも在園児に説明した日は、お風呂から出た後に「あ、足つけてないよー!」と言って足をつけたがり、寝るときも取りたがらず義足をつけたまま寝ました。夜中に私がこっそり取ったら、朝起きてすぐに「足、足ないから~」メソメソ、グズグズという感じでした。園生活で毎日毎日代わる代わる色んな子に指摘されて嫌にならないようにと思って早い段階で皆に説明して頂いたのですが、それが逆効果だったかなぁ・・と思っていたら、次の日にはケロッとして、お風呂あがりもいつも通り義足取ったまま、寝るときも取ったまま、朝起きても私が付けるまで何も言わない生活に戻りました。さすが2歳児、忘れるのは早いですね。

多分、本人も園生活に慣れていない中で、在園のお兄さんお姉さんの教室に一人連れていかれて、各学年の知らない担任の先生と一緒に、知らない教室で、知らない園児の前に立って説明したのが印象に残ったんだと思います。

でも、そのやり方が悪かったとは思っていません。説明内容は予め園に案内していましたが、説明方法はお任せしていたので、園のやり易い方法でやって頂いて問題ないし、わざわざ息子の為の時間を取って頂いて感謝しています。実際に、その説明以降、息子の足を指差して何か言う子はいなくなったので、一時的に緊張したりショックを受けたりしたとしても、長い目で見たら結果的に良かったと思っています。

これからも、節目節目で皆の前に立ってそういった説明をする機会が必ずあると思うので、息子もそれに慣れていかないといけないと思っています。いずれ自分で説明できるようにもならないといけませんね。



小さい網目の遊具(2歳頃~)

網目15cm位の網を渡る動画です。確か2歳位から一人でやっていたと思います。最初は、義足のつま先が網に入り込んで、捕獲された状態になる事がありましたが、がに股ぎみに渡るようになってからは引っ掛かり難くなりました。下の動画は2歳4ヵ月のときです。

手足口病の時の変な膝歩き

手足口病になった2歳8ヵ月のとき、健足の膝を床につけないで膝歩きするようになりました。長距離移動はケンケンですが、近い距離は下の動画のような変な膝歩きしていました。なんか腰を痛めそうで心配していたのですが、膝の発疹が消えたら、またいつもの膝歩きに戻りました。発疹がある健足の膝を床に付けたくなかったみたいですね。発疹は、痛くも痒くもないはずなのですが。引き出しの中の衣類を出し放題、散らかし放題していますが、意外と神経質です。

手足口病と断端

手足口病(断端) 手足口病(ひじ) 手足口病(ひざ) 手足口病(足裏)

今年の夏休み中に初めて手足口病にかかりました。息子2歳8ヵ月の時。今年は発疹が酷いタイプが流行ったようで、息子も手の平や足の裏だけでなく、むしろ肘・膝・お尻やお腹に酷く出て、小児科を受診したらとびひかもと言われ皮膚科を紹介され、皮膚科を受診すると痒くないならとびひではないとの事で、手足口病が酷く出たという診断でした。ただ幸い、口の中の発疹はあまり出なかったので、水分が取れないという状態にはならず、脱水は避けられました。熱も40℃超えましたが一晩だけで治まり、幸運にもお姉ちゃんや私にも移りませんでした。ただ、大変だったのが1週間以上、家にこもりっきりだった事。息子はママべったりでグズグズ(病気だから仕方ない)、お姉ちゃんも巻き沿いで外に遊びに行けずストレスでグズグズ(おもちゃをまき散らす)、家が散らかって私もイライラ。DVDやテレビの録画、おばーちゃまに助けてもらいました。

さて、手足口病の発疹ですが、断端にも現れました。断端の先端(膝だから?)だけでなく、側面の元々あった湿疹の中にも発疹が出て、湿疹自体が酷くなりました。いつもはステロイド入りの薬を塗ってすぐ治る湿疹なのに、手足口病の発疹も重なっているせいか、何を塗っても治らず、諦めて塗るのを止めて自然治癒を待ちました。発疹で断端の状態が悪いので、義足はなるべく付けない方が良いと思ったのですが、お姉ちゃんの習い事の送り迎えをする時に息子を自転車に乗せて一瞬外に出る必要があり、「足つけないでママに抱っこでいい?」と息子に聞くと「ヤダヤダ歩く」と言うので、義足を付ける事にしました。そして、一旦付けてしまうと取りたがらないので、お姉ちゃんの習い事の日はそのまま一日中付けている状態になり、断端の状態が気になりましたが、意外と発疹は悪くなりませんでした。

そして発症してから10日経って、そろそろ幼稚園のプレが始まるっていうのに発疹がまだ消えず、皮膚科を再度受診しました。発疹が完全に消えるまでに1ヵ月位かかるとの事でしたが、登園して良いと言われ、幼稚園に提出する治癒証明を書いて頂きました。

結局、発疹が完全に治癒していない状態で義足を一日中付ける生活に戻り、ライナーで蒸れて治りは悪かったものの、逆に義足を付けている事で発疹をいじったり、皮を剥いたりしないので、最終的には綺麗に治りました。健足側の膝の方が、自分で発疹を潰したり、かさぶたを取ったりしていたので、1ヵ月以上経った今でも跡が残ってしまっています。元々あった断端側面の湿疹も、手足口病の発疹が良くなると同時に普段の湿疹の状態に戻り、いつもの塗り薬が効くようになりました。

障害物をよける(義足あり・なし)

ふと気付くと、義足をつけている時・つけていない時の足の距離感を本人なりに把握して、動けるようになっていました。最近、こっちが「あ、ぶつかる!」と思う障害物があっても、ひょいとよけたり、「これは義足がひっかかるだろうな」と思うような小さなトンネルがあっても、両手と健足の3本でハイハイ(義足は引きずる感じ)で上手く通り抜けたりして、心配無用だった事がよくあります。普通だったら何の心配もいらない大した事ない障害物なのですが、昔はよく義足がひっかかってたなぁと思うと、足の扱いが上手になったなぁとしみじみ思いました。義足を付けた時、つけていない時、どちらの足技も自然と身に付くものですね。

下の写真と動画は、義足を付けてトンネルをくぐった時と、義足なしでボールをよけた時のものです。どちらも2歳7~8ヵ月位のときです。

トンネル1 トンネル2



義足を取った後はケンケンに(2歳6ヵ月~)

義足を取った後、今までは膝歩きで移動していたのに、2歳6ヵ月頃からケンケンするようになりました。短い距離を移動する時(大体1~2歩位の距離)は膝歩きで、それ以上の移動になるとケンケンという感じ。2歳台でケンケンできるのは、多分早い方。お姉ちゃんは4歳近くなってからだったような。。片足義足であるが故に、健足側の筋力と、健足だけで体を支えるバランス感覚、身についてますねぇ。下の動画は、2歳7ヵ月のとき。

幼稚園の在園児の反応(息子2歳8ヵ月)

息子の幼稚園プレが始まりました。プレは園指定の体操着で登園となるので、半ズボンが太ももの真ん中あたりまでの長さで、義足はほぼ丸見え。園児達気付くかなぁ、どいう反応かなぁ、何て質問されるかなぁとドキドキ・ワクワクというか、私にとっては調査・実験・勉強という感覚で登園しました。

通い始めた初日、息子が下駄箱で床に座って靴を履き替えていると、年中~年長と思われる女の子が「あ、足・・」と覗きにきました。私と先生も傍にいたので、「そう、これは工場で作った足なんだよ。」と私が説明すると、「へぇ工場で作ったの、、触ってもいい?」と聞いてきたので、「いいよ。固いよ。」と触らせてあげました。まずは、膝下のスポンジとリアルソックスで覆われている部分から、つんつん触って、ズボーっと指でへこませたりして、次にソケットをつんつん触ると「あ!固いよ!」とびっくりした様子。う~ん、プラスチックって説明して分かるか微妙だったので、「工場で作った足だから固いの。」と私、「怪我したからこの足つけてるのよ。だからお外で遊んでいたら、見てあげてね。」と先生。すると女の子は「怪我が治ったらね。危ないから」。この怪我は治らないと話を続けようとも思ったのですが、下駄箱だったので、長々と話もできず「そうだねぇ」と流しました。

でも、そうだよねぇ~怪我してるのに外で遊んでたら危ないよね~~。。安請け合いしないで考えて返事をするって、なんか大人っぽくて賢い子だなぁと思いました。確かに子供にとっては怪我=治るっていう感覚ですね。なるほど、なるほど。怪我してたから病院で切ったまで言わないと、伝わらないのかもしれませんね。

今度、先生の方から、在園児とプレの園児達に息子の足のことを説明して頂けるそうなので、その説明を聞いた後であれば、園児達もまた違った反応をするかもしれませんね。多分、先生が言ってた噂の子よ、みたいな感じで興味津々で覗きにくる子もいるでしょうね。知らず知らずの内に、注目を浴びてしまうのは仕方がないこと。転校生みたいな感覚で、みんな慣れれば興味なくなって注目されなくなるかなぁと今は思っているのですが、実際はどうなんでしょう。。どちらにしても、義足で注目を浴びるという事に、息子は(もしかしたらそんな兄弟をもつお姉ちゃんも)慣れていかないといけないですね。そして私も。自己紹介で義足の事を説明すると印象に残るようで、意外と皆さん私の事を覚えて下さっています。私は元から人の顔と名前を覚えるのが苦手なので、知らない人と思っていたら同じクラスの人で話かけられたりして、、うっかり気を抜けませんね。

ちなみに息子はというと、終始無言。靴を履く作業も止まっている状態でした。保育時間中は、私と離れるのが始めてだったので、途中少し泣いたそうで。まぁそうでしょうね。じきに慣れるでしょうが、朝から行くのヤダーっと騒ぎ出すようになったら大変だわ・・。そうならない事を祈ります。



幼稚園の集合写真撮影で

幼稚園のプレ入園式で集合写真を撮った時の事。園児達は椅子に座って、その後ろに保護者が立つというポーズで撮影したのですが、写真屋さんがカメラを覗いたものの撮るのをやめて「ぼく、足降ろして」と言いました。息子の事かな?と思ったのですが、近くに椅子に体育座りしてる子がいたので、その子のことかと思ったら、その子がちゃんと座った後も写真屋さんは「足降ろして」としきりに言って、「上履きの裏、見えてるから足降ろして」と言われて、やっぱり息子の事だったのでした。膝が曲がらなくて、、と説明しようとしたら、先生が「いいんです、いいんです」と慌てて言ったと同時に、写真屋さんも息子の足を直そうと近づいてきて気付いたようで「あ、ごめんごめん」と言ってくれました。写真を撮り終わった後も、写真屋さんが息子にわざわざ「ごめんね~」と誤りにきてくれました。いやいや別に誤る程のことでもなく、良い写真を撮ろうと思ってのことで、仕方がないこと。私は気にしていなかったのですが、なんか息子はすご~く神妙な顔をしていました。自分が注意されていたのが分かったのかしら??それとも知らないおじさんに謝られてどうしていいか分からず困っていたのか??ブログに載せる程の出来事でもなかったのですが、息子の微妙な顔が印象的だったので。「まぁ、そんな事もあるよね。仕方ない事なんだから、気にしないで流さないと。」と息子に言いたいですが、まだ分からないかなぁぁ。次回の義足作成では、手動で膝が曲がる義足にするか技師装具士さんに相談してみないとね。

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。