プロフィール

tamutomo

Author:tamutomo
娘(2007年生まれ)・息子(2010年生まれ)の2児の母です。息子は太ももに絞扼輪(くびれ)、膝関節以下形成不全で生まれました。8ヵ月の時に絞扼輪(前半分)の形成手術、11ヵ月の時に絞扼輪(後半分)の形成手術・膝関節離断手術を受け、大腿義足ユーザーになりました。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三輪ミニバイク(義足なし、1歳10ヵ月~)

三輪のミニバイクは、義足を付けていなくても漕げます(乗り降りも大丈夫です)。というか、ミニバイクを操作するときに義足は殆ど使っていないようなので、義足があっても無くても、本人的に変わりないようです。

下の動画は、ミニバイクに丁度乗れるようになった1歳10ヵ月のときです。

スポンサーサイト

三輪ミニバイク(1歳10ヵ月~)

お姉ちゃんの幼児時代には、こんな製品なかったような気がしますが、最近よく公園等で幼児達が乗っている三輪のミニバイク、1歳のお誕生日のプレゼントにリクエストしてじぃじ・ぱぁぱに買ってもらいました。健常児だと、ミニバイクにまたがって足が床につけば漕げるのだと思いますが、息子の場合、片足で操作する為、膝が少し曲がる位、足が床にキッチリ付かないと漕げるようになりませんでした。そんな訳で、漕げるようになったのは1歳10ヵ月頃でした。

公園の幼児達は皆、「ビュンッビュンッ」という感じの速さで乗っていますが、息子の場合、最初は下の動画のように「スースー」といった感じで、その後2歳を過ぎた頃に「スイッスイッ」位な感じの速さに漕げるようになりました。滑りの良いフローリングでも「ビュンッビュンッ」の速さは、まだ無理かなと思います。もう少し大きくなって足の筋肉が付けばできるようになると思いますが、今の所、息子はこのスピードで満足しているようなので、問題なさそうです。

このミニバイクは今の所、室内用にしているので、屋外用に二輪のバイク(ストライダー?!)を2歳の誕生日プレゼントに、またじぃじ・ばぁばに買ってもらいました。「2歳から乗れる!」との宣伝文句でしたが、サドルを一番低くしてもまだギリギリ足が付く位(義足は健足より短いので付かない)高さなので、息子にはまだ早いようです。二輪なので、片足だけで操作という訳にもいかず、義足もきっちり床に付く位、大きくならないと難しそうです。乗れるようになったら、また動画をアップさせて頂きます。

下の動画は、三輪タイプのミニバイクに丁度乗れるようになった1歳10ヵ月のときです。



ロッククライミング!?(1歳3ヵ月頃~)

確か一人歩きする前の1歳3ヵ月頃から、腕の力と足・断端の粘着力を駆使して調理台等の高い所によじ登るようになりました。このロッククライミングのような動きは、義足をつけているとできません。なので、義足装着時の方が、危険な行動が制限されて、親としては安心です。

下の動画は1歳9ヵ月のときです。

リンク紹介(chun日記、Chunの部屋)

息子が生まれてからお座りできるようになる8ヵ月頃まで、疑問や心配だらけで、暇さえあればネット検索をしていた頃に、とっても素敵なブログに出会いました。chun日記という両足大腿義足の娘さんをお持ちのお父様のブログです(詳細は以下をご参照下さい)。Chunの部屋というHPも開設されていて、こちらは娘さんの義肢装具について、脛骨欠損症について、未熟児について等、分かり易くまとめられています。

chun日記(http://yaplog.jp/chun_akapon/)のご紹介
~~~ブログより抜粋~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
先天性四肢障害(両足脛骨欠損症、またの名を両足脛骨形成不全症、近軸性脛側半肢症(paraxial tibial hemimelia)ともいいます。)の娘をもった父親の育児&一喜一憂子育て奮闘日記です。
...娘は、30週未満、11●●gで産まれた極小未熟児(低出生体重児)であり、産まれる前には、切迫流産&切迫早産&早期破水&PICUの7週間近くの安静の果てに・・・・産まれてきた私たちの宝物です。
...その後もNICUで3ヶ月、小児病棟で1ヶ月の経過後にようやくお家に帰ってくることが出来ました。いろんなことがあったのを思い出します。
...この障害を持ったお子様を持ったご両親さんやご本人さん同士で、少しでも交流したり情報交換することが出来ればと思うと同時に、この障害についての理解をしていただくために作ろうと思いました。
...また、同じような経験をされた方々に読んでいただいて、その方々の役に立つこともあるかもしれないと思い、過去を振り返ってまとめた部分もあります。
...至らぬ点が多いとは思いますが、ゆっくりゆっくり進んでいきたいと思っていますのでどうかよろしくお願いします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

うちの息子よりも、もっともっと大変な思いをされて、沢山の苦難を乗り越えてこられた、私から見ると「頼れる大先輩」のブログです。私はこのブログに出会って、義足に関する沢山の情報を見つけた!と嬉しく思ったばかりでなく、両足義足でもこんな事ができるのか!と励まされたり、娘さんの可能性を伸ばす為に、そして家族の為にやれるだけの事をやる!というお父様の姿勢に感銘を受けたりしたのでした。

息子が2、3ヵ月の頃からずっと読者になっていますが、ブログを訪れる度に、日々の出来事を綴った記事にほっこりしたり、娘さんの成長を感じ取れる記事にこちらも嬉しくなったり、障害者を取り巻く環境や義足に関する記事に共感したり、考えさせられたりしています。読んだ方皆さんが、沢山の想い受け取って、やれるだけの事をやろう!と励まされるに違いない素敵なブログです。


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。